冬の海外旅行 アジアの格安、イタリア、グァム まとめ



(ライターFT)

冬の海外旅行 グァムへ常夏の楽園かヨーロッパ満喫の旅か


 海外旅行といえば夏やクリスマス、年末年始というイメージがありますが、シーズンを外すと旅行代金などが非常に安く、快適に過ごすことができます。

 11月~5月がベストシーズンと言われているグァム島は乾季となりオススメらしいです。しかも3時間半で行けるのも嬉しいですね。

 大手サイトの旅行代金を調べると、大体、3泊4日で5万円前後の価格で行けます。

 常夏の楽園ですので、服装も夏用、1月くらいになると最高気温は28度と最適な夏を感じることができそうですね。





 ナイトマーケットでグァムで買い物。イパオ ビーチでシュノーリングなんて、冬では考えられないレジャーを満喫して、現実逃避ができますね。きっとのんびり出来る旅になりそうですね。

 もう一つは冬のヨーロッパです。

 本当はクリスマスや年末に行ければ良いのですが、旅行代金などのことを考えると、シーズンを外して計画するのもいいですね。

 2月頃がイタリアのオフシーズンでしょうか、気温も東京とあまり変わらない気温です。イタリアは日本と同様、細長い国になりますので、南イタリアの旅が気候も温暖で良いかもですね。

 ローマ以南の南イタリアでは、最高気温が14度以上、雨が降ることは殆どなく、小雨や、どんより曇りの日になる程度。降水量としては多くありません。イタリアはファッションの国です。目一杯オシャレして旅を満喫するのが良いですね。

 気になる旅行代金ですが、格安ツアーだと7万~15万とかなりリーズナブルです。ツアーではなく格安航空券で行くなら、航空券代金は10万円前後のようです。

 イタリアといえばファッションだけでなく、グルメも楽しみたいですね。


 「世界一美しい海岸」とも呼ばれているアマルフィ海岸はイタリア南部、ナポリよりさらに50km南下した温暖で風向明媚な海岸



 冬のヨーロッパ、今からの計画です。



(ライターFT)

冬の海外旅行 格安アジアの旅


 冬に行く格安ツアーといえばアジア、韓国です。福岡発であれば1泊3日の釜山なら6800円から海外旅行が楽しめます。もう一つは台北。20100円からツアーがあります。ソウルなら11800円です。



 宿泊ありで観光コスパ比較をすると、一番安いのは釜山ですが、海東龍宮寺 ヘドンヨングンサや釜山のマチュピチュと呼ばれるカラフルタウンが観光スポットです。



 韓国第二の都市で、港町で獲れる魚を目当てにグルメ旅も良いですね。



 海も美しいので夏場もオススメですね。

 日本から近く、週末旅行にぴったり身近な海外旅行です。通貨はウォンです。為替レートは1ウォン=約0.1円となります。(平成30年2月現在)日本円に換算するときには、韓国ウォンの値段に0.1を掛けるとだいたい日本円でどれくらいかがわかりますので、計算しやすいですね。

 日本より物価は高めらしいです。

 一昔前は物価も安かったのですが、現在ではかなり物価も高いままで、日本とさほど変わらないみたいですね。



 リアルな韓国と日本の若者が感じている物価の差、面白いですね。

(ライターFT)

冬の海外旅行 ベトナム


 ベトナムは社会主義国です。正式名称はベトナム社会主義共和国と言います。

 公共の場で、政府を批判したりすると大変なことになりますので、ベトナム旅行に行くときは注意して下さいね。ベトナムでは毎年何人かのベトナム人が政府批判をしたり、集団を結束して逮捕されています。しかも、「捕まっても注意くらいでしょ?」という考えはあまく、懲役何年、何十年という重い罰になりますので、絶対に旅行者が、フェイスブックなどのSNSで批判はしてはいけません。

 しかし社会主義国といっても、1986年に「ドイモイ政策」というのが敷かれ、自由主義経済を取り入れ制限付きで個人の財産が認められるようになっています。

 こうした社会情勢を簡単に知っておくこともベトナム旅行の基本的なことですね。



 ベトナムはアジアの中でも発展を遂げている国です。新しいものと古いものが混在する国で、独特の風景が特徴ですね。

 南北に1,650km伸びる長い国土を持つため、ベトナムの気候は北部・中部・南部では差があります。

 一年中常夏なのが南部のホーチミンです。5~10月が雨季、11~3月が乾季になります。暑い日は30度を超える日が続きます。ホーチミンのような南部を旅行するなら11~3月の乾季がオススメのようです。中部のフエ・ダナン・ホイアンは乾季の2月から6月、
北部のハノイは涼しく湿度も低い10月から2月くらいがベストシーズンになります。



 動画の女子旅、とても分かりやすいですね。

 暑さであったり、街並みの風景、空気はあまり美味しくないとか、リアルな日常がよく分かりますね。女子目線というのも良いですね。新鮮です。

 そして次は北部のハノイです。



 通過も30000ドンで150円とか、わかりやすく解説してくれています。ハノイの食事事情もいいですね。

 人気のあるベトナム、一度は行って見たい国ですね。

 気になる旅行代金ですが、南部のホー・チ・ミンと中部のダナンの2都市のツアーで7万円~9万円くらいですね。ハノイとダナンの北部と中部も同じくらいの価格です。



 暑い国であることは間違いありませんね。 
タイトルとURLをコピーしました