冬の海外旅行 ベトナム



(ライターFT)

冬の海外旅行 ベトナム


 ベトナムは社会主義国です。正式名称はベトナム社会主義共和国と言います。

 公共の場で、政府を批判したりすると大変なことになりますので、ベトナム旅行に行くときは注意して下さいね。ベトナムでは毎年何人かのベトナム人が政府批判をしたり、集団を結束して逮捕されています。しかも、「捕まっても注意くらいでしょ?」という考えはあまく、懲役何年、何十年という重い罰になりますので、絶対に旅行者が、フェイスブックなどのSNSで批判はしてはいけません。

 しかし社会主義国といっても、1986年に「ドイモイ政策」というのが敷かれ、自由主義経済を取り入れ制限付きで個人の財産が認められるようになっています。

 こうした社会情勢を簡単に知っておくこともベトナム旅行の基本的なことですね。



 ベトナムはアジアの中でも発展を遂げている国です。新しいものと古いものが混在する国で、独特の風景が特徴ですね。

 南北に1,650km伸びる長い国土を持つため、ベトナムの気候は北部・中部・南部では差があります。

 一年中常夏なのが南部のホーチミンです。5~10月が雨季、11~3月が乾季になります。暑い日は30度を超える日が続きます。ホーチミンのような南部を旅行するなら11~3月の乾季がオススメのようです。中部のフエ・ダナン・ホイアンは乾季の2月から6月、
北部のハノイは涼しく湿度も低い10月から2月くらいがベストシーズンになります。



 動画の女子旅、とても分かりやすいですね。

 暑さであったり、街並みの風景、空気はあまり美味しくないとか、リアルな日常がよく分かりますね。女子目線というのも良いですね。新鮮です。

 そして次は北部のハノイです。



 通過も30000ドンで150円とか、わかりやすく解説してくれています。ハノイの食事事情もいいですね。

 人気のあるベトナム、一度は行って見たい国ですね。

 気になる旅行代金ですが、南部のホー・チ・ミンと中部のダナンの2都市のツアーで7万円~9万円くらいですね。ハノイとダナンの北部と中部も同じくらいの価格です。



 暑い国であることは間違いありませんね。 
タイトルとURLをコピーしました