時代は4k テレビの未来



(ライターFT)

時代は4k テレビの未来


 最新のテレビは4K映像が基本ですね。画面は液晶からさらに薄い有機EL画面になり、大型化しているのが現状です。



 美しく見るためにはディスプレイの性能を知っておくことが必要です。液晶ディスプレイ(直下型・エッジ式)と有機ELディスプレイがありますので、まずは違いを知っておきましょう。

 直下型は、液晶全体にLEDを搭載しています。LEDの量が多い分、液晶自体には厚みが出てしまいますが、場面やシーンごとの明暗部分の対比が段違いに良いのが特徴になります。高画質をメインに考えたいのであれば、直下型の液晶ディスプレイです。デメリットは電気代が少しかかるということです。
 
 小型・薄型・低価格なら「エッジ式液晶ディスプレイ」

 エッジ式は、縁だけに明るいLEDを搭載して画面を光らせる方式で、小型化・薄型化できる点と、省エネ性能が高いのが特徴になります。画質を選ぶなら絶対に直下型です。

 そして最新型のモニターは有機ELです。有機ELは、バックライト(LED)が不要になったため、軽量化と薄型化を可能としており、液晶ディスプレイの約8分の1の薄さを実現しています。問題は価格と寿命です。液晶ディスプレイに比べると寿命性能が悪いのがデメリット、しかし黒を完全に表現できるディスプレイと言われるだけあり、これからは有機ELの時代が必ず来るでしょう。寿命も性能もさらに上がっていくのでしょう。

 インターネット接続が当たり前になってきているので、テレビの楽しみ方が無限に増えています。

 もう、どの番組を見れば良いのか、テレビを見る時間がなくなるくらいに、番組の選択肢も増えていますね。



 ついこの前まで、テレビはこんなでした(笑

 ほんの50年前にテレビのカラー放送が始まり、ブラウン管テレビから液晶、そして有機ELディスプレイに進化しています。有機ELに至っては、ディスプレイが曲げられるのも特徴ですね。



 プロジェクターというのが発売された時、未来のテレビは全てプロジェクターになるのでは無いかと思いました。最近のプロジェクターはかなり画質にも向上されています。



 選択肢が増えた現在、どんなスタイルでテレビ鑑賞するかでも選ぶディスプレイも違ってきますね。
タイトルとURLをコピーしました