公安警察 警察の仕組み編



(ライターFT)

公安警察 警察の仕組み編


 最近、誉田哲也の小説にはまっており、ストロベリーナイトシリーズを読破し、ジウシリーズも読破、その中で、よく出てくるのが公安と呼ばれる部署。この公安というのは「公共の安全と秩序」を維持することを目的とする警察と定義されています。



 この図を見ると、公安は警備局の一部門となります。wikipediaによると、日本における公安警察とは警察庁と都道府県警察の公安部門を指す俗称で、正式には警備警察の一部門で、主に国家体制を脅かす事案に対応し、国外的には外国政府による対日工作、国際テロリズム。また国内的には、極左暴力集団、朝鮮総連、日本共産党、社会主義協会、学生運動、市民活動、新宗教団体、右翼団体などを対象に捜査・情報収集を行い、法令違反があれば事件化して違反者を逮捕することもあると記載されています。

 公安のことは警察内部の俗称として「チヨダ」と呼びます。現在はゼロに解消されています。

 この「チヨダ」というのは一種のコードネームらしく、なぜこうよばれるようになったのか理由は不明。



 まずは警察の仕組みをご覧ください。



 警察組織の仕組みはよく分かりますね。
タイトルとURLをコピーしました