日本でのタトゥーまとめ



(ライターFT)

日本でのタトゥー


 日本ではタトゥーが社会的に認められていない。先日もタレントがタトゥーをいれた画像をSNSで公開しただけで大騒ぎになっている。日本ではタトゥーは入れ墨という。

 以下はウィキペディアより抜粋
入れ墨は比較的簡単な技術であり、野外で植物の棘が刺さったり怪我をしたりした際に、入れ墨と同様の着色が自然に起こることがあるため、体毛の少ない現生人類の誕生以降、比較的早期に発生し普遍的に継承されて来た身体装飾技術と推測されている。


著作権の問題はクリアしているのだろうか?

 1948年に軽犯罪法で、刺青が規制されたが、現在の日本でタトゥーが禁止されている訳ではない。医師以外の人がタトゥーを描くと法的に問題がある。公共施設、プールや銭湯、温泉などでは入場規制があり、近年では神戸の須磨海岸などでもタトゥー禁止のビーチまである。



 須磨の背景については、かなりタトゥーを入れた若者が押し寄せ、須磨海岸はタトゥーを入れた若者でごった返したという過去があり、一般の人たちが須磨海岸に行きにくくなったという経緯がある。



 タトゥーの歴史は世界的に古く、日本でも古くから罪人に施したり、やくざ者が好んで入れていたこともあり、良いイメージではない。

 日本がタトゥーを受け入れない社会だとしても、覚悟を決めた若者は、ファッションや自分の価値観のためにタトゥーを施す。それはタトゥーに魅力を感じる若者が思った以上に多いというのが理由でしょう。

 どうしてもネガティヴなイメージがあるのは仕方ない、日本はそういった社会と文化だったから。



(ライターFT)

日本でのタトゥー タトゥーを入れる理由


 日本でタトゥーを入れていると何かと弊害がある。温泉に入れなかったり、プールに入れなかったり、スポーツジムに入会できなかったり、保険に入れなかったり、就職が上手くいかなかったり、MRI検査が受けられなかったりと社会生活の中で、弊害の方が多い。


 尿酸値の高い人のタトゥー

 タトゥーをファッション感覚で入れ、後で後悔するなら入れない方がいい。ある程度の覚悟と、この先に起こる弊害をよく考えてからタトゥーを入れるべきだ。人間の価値観は時代とともに変化します。若いときの価値観と、年齢を重ねたときの価値観が違ってきて当たり前です。冷静になり考えるべきです。


ジミヘンですよ、これ!

 タトゥーが日本でこれほどまでに偏見に会うのには、それなりの理由があります。

 罪人が入れられていたという古くからのしきたりです。そして反社会的勢力の人たちが好んで入れているというイメージです。


 ボン・ジョビ、いいですね~

 タトゥーには様々なリスクがあるようです。長期的に人体にもたらす健康被害について穏やかならぬ結果を示す研究調査が発表されています。タトゥーを入れた皮膚の下層へ、長年のうちに有害物質が染み出し、健康に悪影響があるのではないかという疑いです。

 タトゥーを入れていた人の半数に、リンパ節まで染料の成分が発見されました。さらに、異常なレベルのアルミニウム、クロム、鉄分、ニッケル、銅などが、リンパ節と皮膚から検出されたことを明らかにしていますよ。タトゥーを入れていた1人からは、カドミウムと水銀まで検出されました。さらに、タトゥーを入れていた全員の皮膚とリンパ節から、チタニウムが異常な濃度で見つかったとされています。

 このままこの話を信じる訳にはいかないですが、こうした健康被害もあるという研究結果があるというのも事実です。



 とにかくタトゥーを入れることで弊害の方が多いような気がします。

 個人的にはタトゥー擁護派です。個人の自由ですから、反社会的な行為さえしなければOKではないでしょうか。そのように考えています。


ライオソ


(ライターFT)

日本でのタトゥー タトゥーの痛み


 まずは筋彫り(アウトライン)をします。絵柄の縁など、その絵柄のベースの線を彫ること。筋彫りの際には、細く束ねた針を使用します。筋彫りの場合、細めの筋彫りの場合、3本束ねた針を使用します。筋彫りの太さにより彫り師はオリジナルで使い分けるそうです。



 多くは滅菌パック入りの使い捨てタイプが多いそうです。



 色を入れていくときは5本針などを使用します。



 身体に彫るとき、皮膚の日に当たっていない箇所、二の腕の内側や、太ものの内側などは非常に痛いと言われています。

 日に当たっていない箇所、特に頭部がかなり痛いそうです。中でも後頭部がかなり痛いそうです。ケツや脇もかなり痛いそうです。皮膚の薄い箇所はかなりヤバイそうです。



 3分15秒あたりからです。



 和彫の動画です。

 もしタトゥーを入れたいと考えているなら、しっかり調べて入れることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました