日本でのタトゥー タトゥーの痛み



(ライターFT)

日本でのタトゥー タトゥーの痛み


 まずは筋彫り(アウトライン)をします。絵柄の縁など、その絵柄のベースの線を彫ること。筋彫りの際には、細く束ねた針を使用します。筋彫りの場合、細めの筋彫りの場合、3本束ねた針を使用します。筋彫りの太さにより彫り師はオリジナルで使い分けるそうです。



 多くは滅菌パック入りの使い捨てタイプが多いそうです。



 色を入れていくときは5本針などを使用します。



 身体に彫るとき、皮膚の日に当たっていない箇所、二の腕の内側や、太ものの内側などは非常に痛いと言われています。

 日に当たっていない箇所、特に頭部がかなり痛いそうです。中でも後頭部がかなり痛いそうです。ケツや脇もかなり痛いそうです。皮膚の薄い箇所はかなりヤバイそうです。



 3分15秒あたりからです。



 和彫の動画です。

 もしタトゥーを入れたいと考えているなら、しっかり調べて入れることをお勧めします。


タイトルとURLをコピーしました