悪質なあおり運転の対処方法 関わらない。



(ライターFT)

悪質なあおり運転の対処方法


 人はイラついている時、自分でも考えられない行動に出ます。最近問題になっているあおり運転にもし遭遇してしまったら・・・

 そんな時の対処方法を身につけておきましょう。

 あおり運転をする人の中で、「ハンドルを握ると性格が荒くなる」という人がいます。いろいろなものが、便利になり、豊かになっていく反面、時間というものを有効活用しなければ損という感覚が現代は強いですね。だから、時間の効率、時間の短縮をうたうストレスの少ない商品は価値を持ちます。中でも車というのは時間短縮に非常に役立つアイテムとして多くの人が利用しています。時間短縮というのは自分の価値観で決まります。こうした自分の価値観を阻害された時、人はとんでもない行為に走ります。

 誰でもという訳ではないですが、こうしたトラブルは非常に多いですね。

 特に悪質なのは、前を走る車が後続車をストップさせて事故に陥るケースですね。



 一番の対処方法としては、そのような悪質な車には近寄らないことです。

 分かりやすいのが、スピードを出している車です。

 追越車線を走っていて、後ろからスピードを上げて走行している車にはすんなり走行車線に車線変更し、素早く譲る。この時に注意するのは早めのウィンカーになります。早めの意思表示をし、相手に安心感を与えることです。

 追越車線を走る車は、追越車線から外れたいと考えていません。直線でスピードを上げ、目的地まで走りたいと考えているはずです。早めに「お先にどうぞ」という意思表示をすることで、イラついているドライバーの怒りを買うことはありません。



 この動画の問題点は、煽ってくる車に対し、抜き去ったということが原因で、あおり運転者の怒りに火をつけてしまったように思います。何気なくした行動だと思いますが、これをしなければあおり運転するドライバーもここまで怒らなかったのかも知れません。

 ありえない運転をする人も多いので、バカな運転をする人には関わらないのが基本です。
タイトルとURLをコピーしました