関西の避暑地 大阪郊外編



(ライターFT)

関西の避暑地 箕面の山奥


 箕面の山奥に余野川という渓流があります。猪名川の支流の皮になるのですが、水質はもちろんきれいです。豊能郡豊能町から箕面市、池田市・兵庫県川西市を流れる。途中の流域には伏尾温泉などもあり、関西では言わずと知れた避暑地です。大阪府池田市 余野川親水公園まで行くと、暑さは大阪市内とほぼ変わりないのですが、箕面市の止々呂美という場所では、気温は確実に下がります。

 

 キャンプで泊まることはできませんが、止々呂美ふれあい広場を流れる余野川では、鮎釣りやマス釣りもできる広場があります。もちろんBBQも持ち込みでOKです。

 この止々呂美ふれあい広場でBBQに行く前、止々呂美ふれあい朝市により、新鮮な野菜や食材を購入し、BBQするというのもオススメです。

 私がこの場所を知ったのは、昨年、滋賀県に遊びに言った帰りに亀岡市から423号線を抜けて、大阪に戻った時に気温の低さと、自然の美しさに驚き、帰り道で止々呂美ふれあい広場を見つけました。予約もいらないのですが、少し早めに行かないと駐車場が昼には埋まるそうです。



 泊まりは難しいですが、子供たちを連れてBBQというのなら、絶対オススメの穴場スポットです。

 この辺りはとどろみと読みます。

 箕面市は自然豊かな街です。

 箕面の山奥に入ると、かなり涼しく快適です。

 夏の暑い日にBBQなんて私はしたくないのですが、もしするなら軽井沢でするか、この止々呂美村でしますね(笑

 前回も穴場スポットを紹介したら、もう、穴場ではなくなってしまいました。

 ここはあまりまだ知られていないですが、すでにネットでも箕面市のホームページなどで紹介されており、何より涼しいのがいいですね。

(ライターFT)

関西の避暑地 亀岡市から豊能町


 関西は暑い。

 沖縄より暑い。

 特に大阪はヒートアイランド現象もあり、暑さは半端ないのです。関西の気温を見ると、とんでもない気温の地域が多いです。


 昨年、琵琶湖に泊まりで言った帰り、午前中に出発したので、ブラブラと回り道しながら亀山市うぃ抜け、帰ってきました。山道を抜け、京都府亀山市を抜け、国道423号線を抜け、箕面有料道路を通り帰ってきたのですが、渋滞無し、8月の昼間なのに気温25度という秘書体験をしました。道路に設置されている温度計の表示を見てびっくりでした。



 上記画像のルートになるのですが、広がる大自然はかなり素敵な景色でした。



 こうした景色の中を車で走るのですが、標高が高くなると、かなり涼しくなります。

 特に、亀岡市を抜け、豊能町に入る頃には、夏でもかなり涼しくなります。

 景色はさらに情緒ある田舎の景色になります。



 大阪府の位置でいうとこの辺りになります。



 Googleマップの航空画像を見てもかなり山の中になる町です。



 山間部になり、熊も出るそうです。2014年のお話ですが。

 大阪でこんな自然が残されている場所があるなんて、感動です。

 日中でもかなり涼しく、25度というのが最高です。一里松キャンプ場というのがあるらしく、ここなら夜は涼しく快適に避暑が可能な場所ではないでしょうか。



 かなり水もきれいな川ですね。

 川はマスの掴みどり体験もできるそうです。

 ここはかなり穴場だと思います。

 関西の避暑地で、オススメのオートキャンプ場ではないでしょうか。

 続く。
タイトルとURLをコピーしました