風水で運気を掴め!北と西の考え方 まとめ



(ライターFT)

風水で運気を掴め!北を制す!


 風水とは古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想。「堪輿(かんよ)」ともいう。

 Wikipediaより抜粋

 細かいことはさておき、いい方角を知っておきましょう。人間にとって”運”というのは人生を大きく左右するものです。運の良い人がいい人生を送りやすいのも事実でしょう。少しの差で、こんなにも人生が変わる運、運は運でしかありませんが、運を引き寄せる確率を上げておくのも楽しいですね。



 まずは方角から調べてみましょう。

 北

 北は水の方位と呼ばれているそうです。

運気 恋愛運、金運、信頼、秘密
方角の色 水色、黒
相性の良い色 ピンク、アイボリー

 北は冷えやすいと言われているので、暖かみのあるインテリアなどを心がけるといいと言われています。悪いものを流すと考えられています。北の方位がプラスに働くと、平静、自立心、想像力、柔軟性などの精神的な成長が怒ると言われています。



 マイナスに働くと、孤立、寂しさ、不安感、出不精といった症状が強く働くと考えられています。

 北のカラーを活かすのはピンクやアイボリーです。

 北側の部屋をメインに使用しているなら、暖かみのある部屋を演出してみることが良いとされています。



 実は北枕というのは悪くないのです。御釈迦様がなくなった時、北枕だったと言われており、釈迦が北に枕を置いたのは、心臓への負担を和らげる為だという隠された事実がありました。気は北から南に流れます。そのため、北枕で寝ることにより、寝ている間に自然に気を体内に取り入れることができると考えます。



 よく眠れ、疲労回復にも効果があると風水では考えています。

 人間関係を円滑にし、恋愛、貯蓄なども良くなる方角です。西からお金が入り、北で貯めるという考え方ですが、水の方位でもあるので、為すぎると水がよどむので、小さく流すことを心がけ、金が循環するようにしておきましょう。

 恋愛に悩んでいるなら北枕にし、愛情を育みましょう。

(ライターFT)

風水で運気を掴め!西を制す!


 風水とは古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想。「堪輿(かんよ)」ともいう。

 Wikipediaより抜粋

 西は太陽が沈んでいく方角になります。

 西は実りの方角と風水では考えられています。

 豊かに実った稲穂のカラー、つまり黄色や黄金色のカラーが西の象徴のカラーとされています。金運だけではなく、恋愛や楽しみごとなども西の特徴的な運になります。

 風水では、皆さんのおかれた状況からカラーを選んだり、風通しを考えたりすることが基本になるそうです。例えば、現在、恋愛がうまくいっていない、収入が少ない、毎日が楽しくないと感じているなら、それなりの対応をすることで、皆さんの運気の流れが変化していくと言われています。



 まずは身体の部位によって方角を整えると、変化があると言われています。


耳、腎臓、生殖器の不調。
冷え性も!

北東
鼻、背中、腰、指


のど、舌、肝臓、足

南東
髪、腸、お尻、腿


目、心臓、胸、血管

南西
胃腸、筋肉

西
歯、呼吸器

北西
頭、骨、皮膚



 前回の北では、耳、腎臓、生殖器の不調。冷え性などが改善できます。西は歯、呼吸器と言われていますので、もし身体の部位で、この辺が気になるのであれば、まずは綺麗にすることから始めて下さい。特に身体の不調は水回りにあると風水では考えられていて、キッチンは明るめにし、黒は避け、清潔にすることです。これだけで、訳のわからない体調不良が改善したなんてこともあるそうです。

 どちらにせよ部屋を清潔に保つというのは、風水の基本ですね。

 そして金運を司る方角の西側には黄色をメインに相性の良いピンクや北の特徴でもある、貯蓄も良く考え、お部屋作りを楽しんでみるのもいいですね。

 お財布は西側に置き場所を決めておき、清潔に保ち、黄色カラーをワンポイントで置きましょう。そして北側に通帳などは北側の収納場所に置いておくと良いでしょう。西側には大きな家具を置くのは避け、常に清潔に保ち金運が入り込みやすいようにしておきましょう。



 中々難しいかも知れませんが、楽しみながら難題を解消することで思考的にもお金がどうしたら貯まるかという思考に変化していくそうです。

 北と西は金運にとってとても重要ですね。
タイトルとURLをコピーしました