最新家電情報 洗濯機 ドラム式への転換時期について



(ライターFT)

最新家電情報 洗濯機 ドラム式への転換時期について


 先日、友人のFacebookをmていると、「洗濯機がぶっ壊れた」と嘆いている投稿を見ました。とりあえず、購入かと思い、家電量販店で値切るようにとコメント欄に記入したのですが、大阪出身ではない友人は、「ジャパネットで買う」と言っておりました。ついて言って、値切ってやろうと思ったのですが、あからさまに値切るという言葉に拒否反応を示していました(笑

 さて、洗濯機ですが、最近ではドラム式洗濯機というのが最新家電と言われていますが、実際はどうなのでしょうか。

 価格.comを見ていると4人家族では容量的には最低6キロくらいと言われているので、シーツなどの寝具も洗濯できるものを選ぶとしたら7キロ~10キロあたりの容量が良いと言われています。後は機能と予算を選び、ご家庭に最適な洗濯機を購入しましょう。一番大事なのが購入価格です。




 きになるドラム式洗濯機ですが、何が違い、どこが良いのでしょう。



 まだまだ縦型の洗濯機が主流です。理由は単純に価格でしょう。ドラム式洗濯機の価格帯はかなり高いです。

【縦型タイプのメリット】
洗濯物同士をこすり合わせて洗うので汚れ落ちがよい
多くの水を溜めて洗うので洗剤が泡立ち洗浄力が高い
ドラム式と比べると価格は安め

【縦型タイプのデメリット】
衣類の傷みやからみがドラム式よりも多い
乾燥機能を利用した際に、ドラム式よりも衣類が乾燥しにくい
大物衣料の出し入れがしにくい

【ドラム式タイプのメリット】
縦型よりも大幅に水量が少ない
洗濯物にシミや傷みが生じにくい
少ない水で洗剤を溶かすので濃度が濃く皮脂汚れに強い
衣類が空気に触れやすいため乾燥が早い

【ドラム式タイプのデメリット】
縦型と比べると洗浄能力がやや劣る
水量が少ないため色移りしやすい
サイズや重量が大きい

 上記のメリット、デメリットを読むと、縦型の方がいいですね。洗濯の一番の問題は「汚れが落ちる」ことではないでしょうか。もちろん、毎日着る衣服で、お気に入りのものが痛むなんて考えたくありませんが、縦型でもある程度の調整ができますので、大事な衣類は柔らかく洗うことも可能です。



 どちらを選ぶのかを考えると、縦型洗濯機にまだ分があるのかもしれないですね。

 しかしあるサイトを見ていると、「ドラム式洗濯機」が手放せないという人も存在します。確実に最先端がドラム式洗濯機と言えますね。完全に乾燥まで仕上げてくれる為、かなり手間が省けるということになります。でもかなり高額です。

 ランニングコストで考えると、節水は普通の洗濯機に比べると半分程度、一年あたりの水道代は約7000円の差が出てきます。




 そして乾燥機性能も格段に上がっています。

 外ぼしの面倒臭さから解放されますね。

 高額な購入価格以外に、デメリットはないと言い切っている人もいますので、次回の買い替えにはドラム式がいいかも知れないです。

 縦型洗濯機もかなり良いのですが、進化はしていないらしく、これからはドラム式に変換していくのでしょう。後3年後を目処に、ドラム式に買い換えると、今より価格が下がってくるでしょう。一般庶民が手を出せる価格帯は設置費込みで10万円以内ですね。



 大手メーカーがどこまで購入しやすい費用を打ち出せるか、量販店にもこれは関わってきますね。

 次回の洗濯機はドラム式洗濯機に軍配が上がりそうですね。
タイトルとURLをコピーしました