是枝監督ってどんな映画を撮る人?



(ライターFT)

是枝監督ってどんな映画を撮る人?


パルムドール是枝監督がい旋帰国「実感沸いてきた」

 映画「万引き家族」でカンヌ映画祭パルム・ドール賞を受賞する快挙。

スペシャルインタビュー 是枝裕和 

 福山雅治主演の「そして父になる」、「三度目の殺人」、『海街diary』などの映画監督です。



 上記の作品中、「そして父になる」『海街diary』は是枝監督だと知らずに観ていました。



 気になるのは「万引き家族」です。公開はこれからになるのですが、試写会などの評判は上々です。

解説

「三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督が、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。2018年・第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、日本映画としては1997年の「うなぎ」以来21年ぶりとなる、最高賞のパルムドールを受賞した。東京の下町。高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀が暮らしていた。彼らは初枝の年金では足りない生活費を万引きで稼ぐという、社会の底辺にいるような一家だったが、いつも笑いが絶えない日々を送っている。そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰り、信代が娘として育てることに。そして、ある事件をきっかけに仲の良かった家族はバラバラになっていき、それぞれが抱える秘密や願いが明らかになっていく。息子とともに万引きを繰り返す父親・治にリリー・フランキー、初枝役に樹木希林と是枝組常連のキャストに加え、信江役の安藤サクラ、信江の妹・亜紀役の松岡茉優らが是枝作品に初参加した。


映画.com 

 この映画、貧困問題を取り上げ、現在の政権に批判している映画でもあるようです。

 辛い現実に立ち向かう手段として、ズルをする人たちの物語で、そこには見せかけの家族のようなものがあり、そこに何かが隠されているような気がしています。映画を見た訳ではないので、早くこの映画を観たいのですが、評判は上場ですね。



 是枝監督の問題提起、観てみたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました