猿の惑星 シリーズ3




(ライターFT)

猿の惑星 シリーズ3


 2017年に猿の惑星3部作として公開された「猿の惑星 聖戦記」ですが、かなりお勧めです。

 猿同士の反乱を描いた「猿の惑星 新世紀」から2年後のお話になります。

 3作目は、人間と猿、人間同士、猿同士が複雑に絡み合い、滅亡間近の人間も必死です。

 「エイプ(猿)はエイプを殺さない」

 これはシーザー率いる猿達が言ってる猿達の掟なのだけど、2作目も対立する猿を殺してしまう。3作目でもこの過ちを冒してしまうのがとても人間らしい。




 大体3部作で一区切りつけるのが、最近の傾向ですね。

 ジェネシスから見ていると、シーザーに感情移入してきます。シーザーがカッコ良すぎなんです。

 もはやシーザーは人間となんら変わりないヒーローとして見ています。

 シーザーはパフォーマンスキャプチャーというCGを駆使し、人間が演技をしています。



 演じるのはアンディー・サーキスというパフォーマンスキャプチャー専門の役者です。

 パフォーマンスキャプチャーとかモーションアクターなどとも呼ばれています。

 彼はイギリス人俳優で、ピーター・ジャクソン作品の常連で、「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムも彼が演じています。



 すごい役者ですね。



 このシリーズ、オススメです。

 みなさまにも是非、見ていただきたい作品です。
タイトルとURLをコピーしました