猿の惑星 シリーズ2

(ライターFT)

猿の惑星 シリーズ2




 猿の惑星 創世記(ジェネシス)ですが、2011年に公開されたリブート作品になります。 

 これは完全に、オリジナル作品に続く作りになっているのが面白いです。地球がなぜ、猿に支配されてしまったのかという原因が判明します。

 オリジナルでも5作目の「最後の猿の惑星」で、猿が地球を支配した原因として核が使用されたことを理由にあげていましたが、これはこれで、うまく話が繋がるのではないかと思います。オリジナルの猿の惑星は西暦2673年という遠い未来のお話ですが、猿の惑星 創世記(ジェネシス)は現代を物語の時代に設定しています。猿の惑星 創世記(ジェネシス)は完全に、オリジナル猿の惑星に続くリブート作品という立ち位置になります。

 オリジナルから約50年という歳月を経て作られた猿の惑星 創世記(ジェネシス)は、CG技術も格段に上がり、製作者が思い描いた物語を映像化できた作品ではないでしょうか。人類が滅びる過程が、リアルに描けています。認知症の治療薬を開発する研究者が、自分の父の認知症を治そうとして、開発中の治療薬をこっそり持ち帰り、この薬が原因で、猿インフルエンザが世界中に蔓延し、パンデミックを引き起こし、その過程で治験に使われたチンパンジーの知能が進化し、人間と戦うというプロットになります。

 でも主人公であるチンパンジーのシーザーがとにかく優しいのです。

 元々、研究者に引き取られたチンパンジーだったのですが、とてもいい奴なのです(笑



 自分を育ててくれている研究者の父が、認知症である事件を起こしてしまう時に、主人公のシーザーは父を必死で助けようとします。



 私たちが知っているチンパンジーは、志村どうぶつ園に出てくるパンくんや動物園で見るチンパンジーです。



 チンパンジーは猛獣と分類されるようです。

 ゴリラなどより気性が激しいと言われています。

 映画の中では、チンパンジーの攻撃性をうまく演出しています。

 猿の惑星の前日譚とも言えるこの作品、とても面白い作品だと思います。

タイトルとURLをコピーしました