日本政治の闇 まとめ



(ライターFT)

日本政治の闇


 日本の政治、一体どうなっているのか?

 元職総理大臣の疑惑問題、貧困、格差など、全て企業の有利になる政策を展開し、かつては一億総中流と言われた社会とは正反対な方向に進んでいるように感じる。誰もが感じているこの閉塞感、飼いならされてしまった国民は、政治に対し何の期待も持てなくなったのは事実ではないでしょうか。

  「佐川忖度」の闇、財務省にとって安倍退陣は最高のシナリオである

 安倍政権の悪い噂をインターネットで検索すると、かなりの数がヒットします。

 でもどれも本質を見抜いていないのが現状です。あくまでも噂話や、有識者による推測が多いです。

 しかしテレビよりは本当のことが多く出ているような気がします。



 加計獣医学部新設の問題は、森友問題に比べるとかなりうやむやになっちゃいましたが、総理は友人が経営する大学の認可について問われる方が痛かったのではないのか。ちゃっかり認可の見通しらしく、この問題はほとんど取り上げられないです。



 日本政府がひた隠しにしていることが非常に怖い。

 日本から女性が消えているという現実です。

 過疎化が進む地方、特に農村部では、「中国」、「フィリッピン」、などの外国人女性が「農家の嫁」として農村部を支えているのが現状です。

 ・45歳の女子は、110万人。

 ・20歳の女史は、60万人。

 45歳の女性がピークとし、45歳以降の女性はかなり少なくなっています。

 少子化と言われていますが、実は少女性化がその裏で進行しているということです。

 そして森友問題や加計問題に注目させられている間に、種子法という法律が廃止されました。

 別名、モンサント法とも呼ばれ、主要農作物種子法を「廃止する」法案を今国会に提出し3月23日に衆議院農林水産委員会が可決、国民の基礎的食料である米、麦、大豆の種子を国が守るという政策を放棄するものになります。

  すべての日本人よ、主要農作物種子法廃止(モンサント法)に反対せよ=三橋貴明

 怖いのは多くの人がよく知らない、大事なことがこっそりと行われていたということです。

 この種子法廃止の裏には、種子ビジネスが隠されているということになります。

 種子法は私たちの食の根元にある法律です。

 


 ネット上では一部の人たちだけが危機感を持って議論しているのですが、ひっそりとやって着ています。

 非常に怖いですね。


(ライターFT)

日本の政治の闇 タブーとされている事


 アメリカではマーガリンやショートニングなど、健康に悪影響をおよぼす「トランス脂肪酸」を含む油脂の使用が禁じられています。しかし未だに日本では、普通に「トランス脂肪酸」が使用され続けています。規制もほとんどされておらず、理由は欧米の摂取量と日本人の摂取量が大きく異なるので、危険性はないという理由です。



 国単位で禁止しているのがデンマークやオランダ、ドイツなどの国です。

 この問題は企業が政治に働きかけているのが実情でしょう。

 ※ トランス脂肪酸の一人あたりの摂取量
 1日あたり摂取量( g ) 摂取エネルギーに占める割合(%)
 日本(平均) 1.56 0.7
 米国(成人平均) 5.8 2.6
 EU(男性平均) 1.2~6.7 0.5~2.1
 (女性平均) 1.7~4.1 0.8~1.9

 日本が規制しない理由は上記の摂取量の違いを挙げていますが、悪いものは少量でも悪いのです。

 危険なものは自分で理解しておかないと、そのうちえらいことになります。国は知っていても黙認して、自分だけはそういったものを摂取しないのです。

 食品業界と政治は信用してはいけないという事です。




 トランス脂肪酸の過剰摂取により指摘されている健康被害は肥満、うつ病、リウマチ、コレステロール疾患、心臓病、慢性疲労、アレルギー、ガン、高血圧、糖尿病、認知症などと言われています。トランス脂肪酸は動脈硬化や心疾患のリスクを高める
ぜんそくやアトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー反応を引き起こす認知症やガンになる可能性を高める妊娠中や授乳期に摂り過ぎると赤ちゃんの成長が遅れるなどの報告があり、マーガリンなど、食パンにたっぷり塗れば、それだけで1日の摂取量を超えてしまいます。では、高額なバターを使う方が良いのか?

 そうした方がベターとしか言えないのが現状ですね。

 なぜトランス脂肪酸なのか。

 それは貧困問題と密接な関係があるからです。

 安くて美味しいものは売れます。バターと同じような味で、価格が半額ならみんなマーガリンを買います。もちろん、マーガリンに含まれているトランスファットの危険性を知らないと、誰もが安いマーガリンを購入するでしょう。



 昔、糖尿病はぜいたく病と言われていましたが、近年では貧困世帯が糖尿病に罹患する率が高いとされています。富裕層はスポーツクラブに通い、身体に良いものをたべ、貧困世帯は、安価だけど危険な食品を購入し、結果的に糖尿病などの成人病に罹ってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 これは寿命の差となり、結果として出て着ます。

 おかしなことをおかしいと声を出して言えない社会になっています。



 すでに監視社会の時代は始まっています。

 普通に生きていれば問題ないはず、そう思っていませんか?

 簡単に考えない方がいいですね。

 何があるかわかりません。
(ライターFT)

日本の政治の闇 安倍政権がどうしようもない理由


 国民を困窮させ、資本家に有利な法律を作ろうとし、特定秘密保護法という秘密主義の制度化、武器輸出に力を入れようとしている事や、これに伴い監視社会を形作ろうとしていたり、腐敗を行っている事や、労働者を舐めきった裁定労働制や、報道規制を敷き、自分に有利なメディアの支配を行っている事など、問題点をあげるとキリがない。

 小泉の時もそうだったけど、安倍の時も国民は大きな期待を持ちました。

 だけど日本はどうにもならない、国民の多くが不満を持ち、その不満さえも誰のせいなのかわからないような混沌っぷりではないでしょうか。

最悪の安倍政治が持続するただ一つの理由-(植草一秀氏)

 すべてが「管理」、「統制」されている。

 記者会見に出席できるのは

 「記者クラブ」

 に所属するメディアだけであり、

 この「記者クラブ」は基本的に

 「大政翼賛会」

 である。


上記リンクにはこのように記載されています。



 買いているのは植草一秀氏です。この人は痴漢冤罪の罪を着せられて社会的な抹殺をされた人です。

 植草氏痴漢冤罪事件から見えてくる小泉政権の闇

 この事件は小泉政権時の出来事です。

 小泉政権時、竹中平蔵のりそな銀行とのインサイダー取引を暴露しようとしていたのが、植草氏だったのです。

  小泉・竹中改革下で起きた幾つもの暗殺・冤罪事件。日本はもう法治国家ではない。

 何人も死者が出ているのです。

 そして安倍政権でもこれだけの自殺者が出ています。



 小説や映画の中だけでない、日本でも実際に自殺に見せかけて殺害された人がいるのでしょう。真実は闇の中です。

 このお話が本当かどうかは私の知る所ではないですが、あまりにも不自然ですね。



 このままにしてもいいのでしょうか。

 私たちの未来に関わるお話です。

 よく考えて投票しないとならないですね。
タイトルとURLをコピーしました