法則を考え行動してみる。

ホームページ制作やリニューアルは皆川デザインまで



(ライターFT)

法則を考え行動してみる。


 物事には様々な法則が存在します。例えば、販売の法則、犯罪の法則、幸せの法則など、物事に必ず何らかの法則が隠れているるはずです。

 消費者が商品を購入するまでのプロセスについても法則が存在します。これは心理学に基づいた法則で、代表的な心理的な法則として、「AIDMAの法則」というものがあります。



 AIDMAの法則では、消費者がある商品を知って購入に至るまでに次のような段階があるとされています。
1 Attention(注意)
2 Interest(関心)
3 Desire(欲求)
4 Memory(記憶)
5 Action(行動)


  ウィキペディアより抜粋



 1920年に考えられた法則ですが、現在でも利用されています。AIDMAの法則によれば、認知されないとその商品は買われない、購入を目的にしているのであれば最初は認知させることが最初の行動という事になります。

 注意を引くと興味が湧き、それが欲求に変わり記憶に残るという人間の心理状態が形成されてくという法則です。この心理学を元に、広告は作られています。

 そして購入を促すということは、人間の心理的な欲求を刺激した結果、購入するという行動に移るのです。広告というのは読んで字のごとく、広く告げるという意味です。まずは広く告げることが購入の第一歩、広告しないと本当に良いものであっても購入まで至るには時間が掛かってしまいます。

 AIDMAの法則はすでに一般的に広まり、私たちの生活の中に溶け込んでいます。
タイトルとURLをコピーしました