デザインの重要性とホームページリニューアル まとめ

ホームページ制作やリニューアルは皆川デザインまで




(ライターFT)

デザインの重要性とホームページリニューアル


 デザインってとても大事な仕事だと思います。

 例えば、アンディ・ウォーホルがこの世に出たきっかけがキャンベルのトマトスープなのですが、彼が有名になった作品がこのキャンベルのトマトスープ缶のデザインです。これはどこにでもあるようなデザインなのですが、完全に商業デザインで、売れる傾向と対策がそこには散りばめられています。



 もちろん時代の流れと、ウォーホルというポップアートがマッチングしたというのはいうまでもないのですが、元々、キャンベルのスープ缶はアンディ・ウォーホルが1から作り上げたデザインではありません。



 元々販売されていた、キャンベルのスープ缶を32個並べてシルクスクリーンという手法で描かれた作品になります。この頃、すでにアンディ・ウォーホールはすでに成功者で、作品だけでなく、映画や音楽などにもその活躍の場を広げていました。そんな彼が、市販されているキャンベルのスープ缶を並べただけの作品を「作品」として世に出したのです。

 何が面白いのだろう。

 全然、面白くない。

 意味がわからない。

 こんな印象です。元々、市販されていたスープ缶を選んだ理由というのが、小さな頃から毎日食べていたから。そこに美味しいとか不味いとかいう感情は皆無。キャンベルの製品にはキャッチコピーが添えられていました。

 「今日のスープは用意しましたか、1日1回、毎日スープ、もちろんキャンベルスープ」

 こんなキャッチコピーでした。

 意味のわからないアート作品の意味を探ろうとした有識者が、その意味を考える時、製作者の意図を考えます。当時、アンディ・ウォーホルはすでに文化人としては一流で、売れっ子アーティストでした。何をやっても肯定される人物でした。まさに時代と彼の全てがマッチしたのでしょう。そして誰もやったことのない、市販されているスープを32個並べて印刷した作品のなかに、世間の有識者達が、「大量消費を搾取的な物として描く」というとてもマイナスのイメージが隠されていたらしいのです。



 アンディ・ウォーホルがこうした考え方の人だったから、注目されたのかも知れません。彼はすでにポップアートを確立し、現在のデザイナー達に大きな影響を与えています。全てはポップアートの父、アンディ・ウォーホルがいたから今のデザインがあると言っても過言ではないでしょう。

 小難しいポップアートの話はこれくらいで、デザインは楽しんでナンボです。

 とにかくデザインって楽しいんです。



 サバカレー缶詰ですが、カレーといえばインド、インドといえばインド人ですね。インド人のイメージを最小限で表しているのが、この素敵なデザインです。カレーにサバが入っているのでしょうか、それともサバのカレー味なのかは不明ですが、最高です。インド人がみたら、ディすられているかと勘違いされそうですが、最高に面白いですね。



 これなんて、トラウマレベルではないでしょうか。

 素晴らしいデザインです。

ホームページ制作やリニューアルは皆川デザインまで



(ライターFT)

デザインの重要性とホームページリニューアル 面白いデザインいろいろ


 先日ヤフーオークションで素敵で面白いデザインのリュックをみつけました。



レディースおもしろデザインリュックサック■ダンゴムシ25×29cm

 ダンゴムシがデザイナーの手にかかるとこんなにもステキになりますね。



 これはネコ好きにはたまらないデザインです。

面白いプレゼント 結婚祝い【マグカップル シンプル 黒猫】しっぽがハートのペアマグ お洒落で可愛いデザイン[おもしろ雑貨 ネコ ねこ 猫]

 住宅などに関しても、スタイリッシュな住空間はやはりデザインが大切です。最近はテレビなどのリフォーム番組などの影響で、デザイン化された住環境が主流になってきています。マンションなどもプランに合わせた内容の間取りが3つから選べるなど、非常に顧客の希望に沿った内容にしています。



 内装だけでなく、外観もかなりスタイリッシュにデザイン化されており、一目見て分かりやすい格好良さを演出しています。



 デザインは常に変化していますので、上記の住宅が50年後にどうなっているかはわかりませんが、結構、普遍的なスタイリッシュなデザインではないでしょうか。

 こちらの住宅などは大きなガラス戸と木目調の天井、そして床と壁のカラーと景色のコントラストが抜群のデザインではないでしょうか。



 外観も以下のようなスタイリッシュな外観です。

 素晴らしい。

 

高性能でスタイリッシュなデザイン住宅

 上記のサイトは住宅デザインの会社ホームページですが、ホームページだけでもみやすく、スタイリッシュな作りに考えられています。

 暮らしだけを考えると、贅沢な暮らしに思えます。こうした住居に住める人は、年収も高く、贅沢な暮らしをしていると思われますが、ただ贅沢なだけでなく、エコや月々の出費なども計算された住環境に設計されているようです。

 着るものひとつ取っても、自分が思い描く服装を考えると、生活に花を持たせることが可能です。単純にお金をかけるだけが贅沢で豊かな生活ではなく、限られた収入の中で、どのようにデザインを取り入れるかを考えると、日々の暮らしは今より格段に良くなるのではないかと思います。

 以前、 皆川デザインの皆川氏とデザインの話をしていた時、生活の中にさりげなく取り入れられている数々のデザインが、その人の生活に活かされていたり、左右されていたりと無意識の中で我々はデザインに生活を左右されている可能性が大きいのです。

 人間の顔もデザイン、好きな顔、嫌いな顔があるから世の中がうまく回っているのです。

 奥が深いですね、デザインって。
タイトルとURLをコピーしました