さむい冬はダウンジャケットであったかく冬を楽しもう!まとめ

「カンケンバッグ」のフェールラーベンから極寒用ダウンジャケット、軽量化&フィット感向上




(ライターFT)

さむい冬はダウンジャケットであったかく冬を楽しもう!


 夏より冬が好きなんです。

 でも厚着するのは好きではない。

 でも厚着しないと寒いじゃねーか!

 と思われる方も多いと思います。

 冷え性の女性は特に身体を冷やすと、抵抗力も落ちるので、寒い冬は温めることが基本ですね。厚着しないで身体を冷やさないようにするには、やはりダウンジャケットです。まずはダウンジャケットの効果的な着こなし方から考えてみましょう。

 ダウンジャケットが暖かい秘密は、その羽毛にあります。

 よくダウンジャケットの内部表記に「フェザー」と「ダウン」に分類されます。

 「フェザー」というのは羽根の部分になり「ダウン」は鳥の胸辺りの軸のない言わば鳥の体毛部分になります。ダウンジャケットの品質で考えるのであれば、この「ダウン」の比率が多い物を選ぶのが性能重視となります。ダウンジャケットにはグースダウンとダックダウンにも分けられます。グースダウンというのは渡鳥の雁のことです。



 ダックダウンというのは鴨の事です。この鴨を飼いならし食用にしたのがアヒルになります。

 ダックダウンとグースダウンの違いは空気の包含率の違いになります。グースダウンの方が空気の包含率が高いとされており、高級なダウンとされているのです。



 だからと言って妄信的にグースダウンだけが良いという訳でもないのです。要するとダウンの洗浄と精製の技術によっても違いが出てくる為に、価格や用途によっても購入の決め手にして行くと良いです。安いのはダックダウン、高級なのはグースダウンになり、メーカーによって生成、洗浄の技術力で空気の傲岸率も違ってきます。

 ダウンジャケットで有名なモンクレールという超有名ブランドのダウンジャケットはグースを採用し、さらにホワイトグースとシルバーグースと分けられています。ダックダウンの高級品もあるので、一概にグース最強という訳でもないのです。とにかくモンクレール、デザインだけでなく、本当にあったかい最強のダウンジャケットといえます。だけど価格も地上最強です。



 われわれ庶民は、高価なモンクレールなどのブランド品には手が出ませんので、モンクレール以外のダウンジャケットを選ばないとなりません(笑

 ではどんなダウンジャケットを選べば良いのか、ということが問題になります。

 価格帯でいうと3万円前後ので選びたいです。

 これでも庶民にとっては高価なモノです。でも長く着こなしたいと思うなら10年以上は寒い冬に使える機能性を重視し、さらにデザイン的にも満足のいく物を選びたいですね。

 そうするとアパレルブランドではなく、専門的なブランドの機能を考えてみてはどうでしょう。


【教えてプロの人!】白いダウンを着たら「ミシュランマン」か「ベイマックス」になってしまうのですが、どうしたらいいですか?



(ライターFT)

さむい冬はダウンジャケットであったかく冬を楽しもう!アウトドアブランドを選べ!


 機能性の問題はアパレルブランドよりアウトドアブランドがオススメです。もちろん、メジャーなアパレルブランドの機能性もアウトドアブランドに匹敵する機能性を兼ね備え、さらにデザイン性なども考慮されて毎年新作がリリースされています。

 特にダウンジャケットの場合、グースダウンやダックダウンなどの品質の高いダウンを使用するので、価格は跳ね上がります。

 ハッキリ言って、モンクレールなどのブランドダウンは何十万円もするので買えません。出せて15000円~30000円までの価格帯で、機能性とデザイン的にも納得したダウンジャケットを選びたいですね。

 それならアウトドアブランドを考えましょう。

 私がイチオシなのは価格的にもデザイン的にも豊富なラインナップを取り揃えるブランド、モンベルがイチオシです。モンベルは純国産メーカーです。大阪市西区に本社があり、本社にショップも併設しています。創業は1975年、西区立売堀(いたちぼり)で産声を上げた。

 Light&Fast”Function is Beautyをコンセプトした国産アウトドアメーカーです。



 ノースフェイスやPatagoniaもいいけど、モンベルの方が安い、そして機能的な事に関しては、ノースフェイスやPatagoniaを追う形になってはいるものの、同じ価格の製品で比べると、モンベルが一歩リードしているようにも感じる。ダウンの質はノースフェイスもPatagoniaもモンベルも同質のダウンを使用したとすると、生地や縫製の部分で引けを取らないのがモンベル。特に防水性に優れているのがモンベルになる。

 ネームバリューがノースフェイスやPatagoniaより劣るというだけ。



 それでも日本ではアウトドアブランドとしては日本のトップメーカーと言える。日本にもアウトドアブランドは多くあるが、結構高めの価格設定になっている。モンベルのダウンジャケットはデザインの種類こそノースフェイスをモデルにしている感が否めないけど、私は10年以上モンベルのダウンジャケットを愛用している。



 最近のアウトドアブランドはどれもデザイン性に優れている。デザイン性がないと売れないという事で各メーカーも機能性とデザイン性を兼ね備えたダウンジャケットを生産しているのだ。



 12月23日に、天王寺MIOの中にあるモンベルショップに行って来ました。このお店、モンベルのアウトレット商品も取扱しており、ダウンジャケットの種類も豊富、安いのであればかなり価格を下げて販売されていました。私もそろそろ替え時と思い、色々と見ており15000円のダウンジャケットを購入する予定になります。



 皆さんの参考になれば嬉しいです。

 もちろん、お金があればノースフェイスが欲しいのですが(笑

【教えてプロの人!】白いダウンを着たら「ミシュランマン」か「ベイマックス」になってしまうのですが、どうしたらいいですか?



(ライターFT)

さむい冬はダウンジャケットであったかく冬を楽しもう!アウトドアブランドを選べ!その他のブランドと着こなし方


 人気のあるダウンジャケットブランド1位は文句なしで「モンクレール」になります。



 文句なしでスタイリッシュ、機能的にも他の追随を許さないブランドです。モンクレールはフランスのブランドで、ダウンジャケットの最高峰と言われています。ただ、10万円以上が普通で20万円くらいの物が人気の商品が多く揃えているようです。

 そしてイタリアの都会的ダウンとしてモンクレールを追うのが、TATRAS(タトラス)です。創業は2006年と最近のブランドです。価格帯も5万円~15万円とモンクレールよりは安めです。



 ヨーロッパ系のブランドの特徴として、着心地が挙げられます。デニムなどもリーバイスのような作りとは違い、履き心地も考えられたのがヨーロッパブランドです。特にこのタトラスはイタリアンブランドン日なりますので、細かな作りはかなりのものではと考えています。もちろん、イタリアンブランド、デザイン性にも優れています。ダウンはホワイトグースを使用していて、機能性も抜群といえます。日本の大手セレクトショップでは必ずありますので、一度手にとってみてください。

ダウンジャケット 人気ブランド

 どれも素敵ですが、やはり庶民の価格ではないことが残念です。だからブランドなのだろうと思うのですが、あまりにも高価すぎますね。

 ダウンジャケットの着こなし方ですが、ダウンジャケットの機能を最大限に生かす着こなし方を押さえておきましょう。ダウンジャケットの特性は羽毛の間に空気を貯めることで、体温で暖かくする空気の包含率です。この空気の包含率をあげるためには、ダウンジャケットの下は薄着が基本です。自分の体温で羽毛を膨らませて断熱層を作り暖める素材です。

 ダウンジャケットの下に厚着することはNGなのです。

 一番いいのは素肌の下にダウンジャケットを着るのが一番暖かい着こなし方ですが、流石にそれはオシャレすぎなので(笑

 インナーはTシャツと薄手のシャツくらいで充分です。屋内に入り、ダウンジャケットを脱いで寒くない程度の薄着がちょうど良いくらいです。

 あまりインナーを着込むとダウンジャケットだけでもまん丸になるので、さらに着ぶくれした状態になります。これだけは避けた方が良いですね。ダウンジャケットはタイトなシルエットのラインを選びましょう。ただでさえ丸みを帯びたシルエットになりますので、 ボトムスはタイトなスタイルで着こなしのバランスは取れます。

 暖かさだけを取るのであれば、ユニクロなどのマイクロダウンなどの薄手のダウンの上に別のアウターを羽織ると、薄手のダウンでも暖かく来こなせます。UNIQLOってわからないですしね(笑

 皆さんなりの着こなしがあるかとは思いますが、基本を抑えることでいつもとは違った寒いけど、暖かい冬を楽しめるはずです。

 皆さんの参考になれば幸いです。
タイトルとURLをコピーしました