さむい冬はダウンジャケットであったかく冬を楽しもう!

「カンケンバッグ」のフェールラーベンから極寒用ダウンジャケット、軽量化&フィット感向上




(ライターFT)

さむい冬はダウンジャケットであったかく冬を楽しもう!


 夏より冬が好きなんです。

 でも厚着するのは好きではない。

 でも厚着しないと寒いじゃねーか!

 と思われる方も多いと思います。

 冷え性の女性は特に身体を冷やすと、抵抗力も落ちるので、寒い冬は温めることが基本ですね。厚着しないで身体を冷やさないようにするには、やはりダウンジャケットです。まずはダウンジャケットの効果的な着こなし方から考えてみましょう。

 ダウンジャケットが暖かい秘密は、その羽毛にあります。

 よくダウンジャケットの内部表記に「フェザー」と「ダウン」に分類されます。

 「フェザー」というのは羽根の部分になり「ダウン」は鳥の胸辺りの軸のない言わば鳥の体毛部分になります。ダウンジャケットの品質で考えるのであれば、この「ダウン」の比率が多い物を選ぶのが性能重視となります。ダウンジャケットにはグースダウンとダックダウンにも分けられます。グースダウンというのは渡鳥の雁のことです。



 ダックダウンというのは鴨の事です。この鴨を飼いならし食用にしたのがアヒルになります。

 ダックダウンとグースダウンの違いは空気の包含率の違いになります。グースダウンの方が空気の包含率が高いとされており、高級なダウンとされているのです。



 だからと言って妄信的にグースダウンだけが良いという訳でもないのです。要するとダウンの洗浄と精製の技術によっても違いが出てくる為に、価格や用途によっても購入の決め手にして行くと良いです。安いのはダックダウン、高級なのはグースダウンになり、メーカーによって生成、洗浄の技術力で空気の傲岸率も違ってきます。

 ダウンジャケットで有名なモンクレールという超有名ブランドのダウンジャケットはグースを採用し、さらにホワイトグースとシルバーグースと分けられています。ダックダウンの高級品もあるので、一概にグース最強という訳でもないのです。とにかくモンクレール、デザインだけでなく、本当にあったかい最強のダウンジャケットといえます。だけど価格も地上最強です。



 われわれ庶民は、高価なモンクレールなどのブランド品には手が出ませんので、モンクレール以外のダウンジャケットを選ばないとなりません(笑

 ではどんなダウンジャケットを選べば良いのか、ということが問題になります。

 価格帯でいうと3万円前後ので選びたいです。

 これでも庶民にとっては高価なモノです。でも長く着こなしたいと思うなら10年以上は寒い冬に使える機能性を重視し、さらにデザイン的にも満足のいく物を選びたいですね。

 そうするとアパレルブランドではなく、専門的なブランドの機能を考えてみてはどうでしょう。
タイトルとURLをコピーしました