日本人は日本酒を飲む!まとめ

大阪府・難波エリアで日本酒飲み歩き! 「日本酒輪ッショイ!! 」開催

 日本酒人気が加熱しているそうだ。

 日本酒は飲みやすさ、酔い、アルコール度など心地よい酔いをもたらせてくれる。

(ライターFT)

日本人は日本酒を飲む!

 
 旨い日本酒は多くある。

 米と麹と水が主な原料、日本独自の製法で醸造されたアルコール飲料である。

 大まかに日本酒の種類になりますが、本醸造酒、特別本醸造酒、吟醸酒、大吟醸酒と呼ばれるものが原料に醸造アルコールが入っている。

 純米酒、特別純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒と呼ばれるものが、醸造アルコールが入っていないものと分類されている。

 さて、醸造アルコールと呼ばれるものですが、食用に使用されるエタノールのことを言います。原料の多くはサトウキビを原料とし、防腐目的や香り、味わい等が調整しやすいため大量生産する場合や味をコントロールする為に使用される。

 どうしても純米酒のような天然のアルコールは味の均等化が難しく、生産性も限られてくる。こうした問題を解決したのが醸造アルコールとなる。戦後、三倍増醸酒と呼ばれるアルコール分が多い日本酒は、悪酔いする等というイメージがありましたが、現在は技術も向上し、こうしたイメージもなくなってきているのが現状です。



 とても勉強になりますね。

大阪府・難波エリアで日本酒飲み歩き! 「日本酒輪ッショイ!! 」開催

 とにかく日本酒は酔う(笑

 飲み過ぎて痛い目に何度もあっている。

 でもやめられない(笑

(ライターFT)

日本人は日本酒を飲む!うめぇ純米酒はどれやねん!日本酒入門編

 
 結論から先に言うと、旨い純米酒は好みなんです。

 だから好きな純米酒を飲めばいいのである。

 終了

 なんですが、これでは納得出来ませんね。

 日本酒についてもっと知りたい方、「夏子の酒」という漫画を読んでみて欲しい。この漫画、とても秀作で製法や酒作りにこだわり、米作りから農業問題にまでメスを入れた作品になる。ドラマ化もされた。



 女性にも人気の日本酒で、飲みやすく口当たりの良い日本酒があります。

 日本酒の味ではない、そんな日本酒でアルコール度数は低めです。白ワインのような甘酸っぱいフルーティーな味わいとよく表記されていますが、白ワインより飲みやすいと思います。

 完全に甘口なので辛口好みの人には会わないかも。

 日本酒というよりワインに近い、そんな日本酒の入り口にするには最適の日本酒です。

 日本酒、苦手ぇ~~、なんてぶりっ子のおねいさんにこれ飲ませて、ベロンベロンにしてあげて下さいね(笑

 

パウチパックでいろんな酒を飲む – デイリーポータルZ:@nifty

 アルコールを摂取すると、メリットやデメリットが必ず付きまといます。

 上手くお酒と付き合うには、こうしたメリットデメリットを踏まえて、楽しく健康に飲酒するというのが基本ではないかと考えています。

(ライターFT)

日本人は日本酒を飲む!日本酒との付き合い方 中級編

 
 アルコールもドラッグも同じようなモノだと考えています。

 太古からヒトに親しまれてきたアルコールは、国や文化や風習や宗教で製造方法や飲み方も違います。ここで大事なのは適量を知るという事ではないでしょうか?

 まず、お酒に強い人、弱い人、全く飲めない人などがいます。まずは自分の適量を知るという事は、お酒を飲む上で一番大事な事でしょう。個人差やその日の体調や精神状態、一緒に飲む人などで、お酒の良いというのは大きく変化します。

 アルコールは少量であれば、血液中の善玉コレステロールを増やす効果や、動脈硬化を防ぐ効果もあるという研究がされています。



 こんな最悪な飲み方はいけませんね。

 あくまでも少量が基本です。二日酔いにならずに楽しい酒ほどいいもんはありません。

 日本酒もそうなんですが、日本でもアルコールは規制対象となっています。20歳未満の人はお酒を飲んではいけません。これは「未成年者飲酒禁止法」という法律になります。この法律は「酒に酔って、公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律になります。

 販売する方も「アルコール事業法」という法律で厳しく規制されています。国から許可を受けた会社や業者が製造出来るという法律になります。

 基本的なことでが、まずは法律の確認ですね。

 そしておいしく健康的にお酒を飲むことは長生きにも繋がります。

 食前に少量のお酒を飲むのが健康的と言われています。

 ここで食前酒としての日本酒で今日は中級編となります。

 清酒(日本酒)の場合、1合で22gのアルコール含量となります。

 1日、2合までが適量と言えます。ビールなら中瓶500mgで20gとなります。

 アルコールは致死量と言うものが存在します。

 要するに飲み過ぎると死んじゃうということです。注意して下さいね。

 お酒の中級者になると、ある程度の好みが分かってきます。色々なお酒を楽しみ、味と酔いを楽しめてきます。



 最近では海外でも日本酒人気は高まってきているようです。



 ワインやビールのように世界に日本酒が広まるのも近いのではと思います。



 海外の女性が酔っぱらうと可愛いですね(笑
タイトルとURLをコピーしました