スノーボード日本代表を追え!美しきアスリート達


スノボ元日本代表・今井メロ うつ、自殺未遂を告白…自傷行為の痕30カ所も





(ライターFT)

スノーボード日本代表を追え!

 
 日々進化を遂げているスノーボードですが、2018年の平昌オリンピック代表が続々と決まっています。コアなスポーツでもあるスノーボードですが、10年前と現在ではかなりトリック(技)の難易度も当時とは考えられない進化を遂げています。

 スノーボードのトリックを理解していけば2018年の平昌オリンピックも数倍楽しめます。

 これから定期的にスノーボード情報を取り上げていきたいと思います。

 まずは平昌オリンピック日本代表のアスリートを紹介していきましょう。



 まずは藤森由香ちゃん、実は彼女の大ファンなんです❤



 この美さ❤

 彼女は1986年生まれ、トリノ、ソチ共に日本代表のスーパーアスリートです。当時はボーダークロスの代表選手でしたが、現在はスロープスタイルに変更しています。

 まずはスノーボードでの競技の種類ですが、藤森選手が代表でオリンピックを戦った競技であるスノーボードクロスですが、簡単に説明するとスノーボード版のモトクロスをイメージすれば分かりやすいです。バイクのモトクロスの雪上版、これをスノーボードでやっちゃうというエクストリュームスポーツになります。

 スノーボードは大きく二つに競技が分けれれています。

 アルペンスタイルとフリースタイルの二つです。

 アルペンスタイルは簡単に説明しますと速さを追求する競技、フリースタイルは速さではなく、トリック(技)などを追求する競技となります。スノーボードクロスはこの二つのスタイルの選手が参加できる競技になります。

 見ていてもかなりエキサイトな競技です。

 速さだけなら足回りをハードブーツで固めたアルペンスタイルには敵わないでしょう。しかしスノーボードクロスはキッカーがいくつも用意されており、ジャンプやウェーヴ、バンクなどの多彩なコースが設置されており4人から6人が同時にスタートします。とにかく危険な競技であることは間違いありません。



 ソチオリンピックでは藤森選手がゴール前で転倒してしまうという結果になった動画です。
 


 彼女は美しいだけでなく、厳しい練習を行い自分自身を極限まで鍛えいる様子が伺えます。



 スノーボードクロスに命をかけてきたのですが、スノーボードクロスからスロープスタイルに変更しオリンピックを目指しています。



 2015年よりスノーボードのトップブランドであるバートンとスポンサー契約を締結しスノーボードクロスからスロープスタイルへの転向を発表しています。

 一時は引退をささやかれた彼女ですが、スロープスタイルというジャンルに挑戦している彼女の動向は注目ですね。
タイトルとURLをコピーしました