最近、未来人たちがネットをざわつかせているが・・・まとめ


AIの進化がもたらす未来のクルマとは?





(ライターFT)

最近、未来人たちがネットをざわつかせているが・・・

 
 未来人たちへの興味はほとんどがこれから起きる未来の出来事を掲示板を見た人たちが問い合わせるという内容。的中するのもあるけど、実際は的中していないことの方が多いようです。中でも興味深いのは多くの本物っぽい未来人が口を揃えて言っているのが「魚は食べられなくなる」という未来の現状です。正確には海産物はほぼ食べられなくなると言っています。

 海産物が食べられなく可能性は否定できません。



 福島原発の問題だけでなく、乱獲による問題、深刻なプラスティックゴミなどの問題です。



 特にプラスティックゴミ、2050年には海洋生物の数を上回ると予測されている。ここで一番厄介なのが、マイクロプラスティックと呼ばれる、海に廃棄されたペットボトルなどのゴミが風化の過程で細かく砕けて海水に混ざり込み、動物性プランクトンがマイクロプラスティックを危険レベルまで摂取しているという問題になります。



 食物連鎖の最下層にいる動物性プランクトン、これらが有害なプラスティックを体内に取り込み、プランクトンを食す小魚に移り、その小魚を中型の魚が食し、人間にまで有害なプラスティックゴミを間接的に摂取してしまうという結果になってしまっているのです。

 私たちの生活に欠かせないプラスティック製品、実は「静かなる殺し屋」と呼ばれているのです。


静かなる殺し屋:プラスチックの危険性


 こんなに危険性があるのですが、私たちの生活の中ではもはや欠かせない物となってしまっています。プラスティック製品は燃やすと有害物質が出るということは誰もが知っている事実ですが、燃やさなくても有害物質が微量ながら出ているという事実です。この微量な有害物質を長年摂取し続けると、様々な疾患につながっていく可能性が考えられます。

 加熱するときはラップを食品などにかからないような配慮が必要ということになります。できるだけジップロックなどの容器のままレンジにかけるのも考えた方が良いかも知れません。それほどプラスティックは使い方によっては有害と思った方が良いでしょう。

 ネット掲示板に出てくる未来人たちが、直接、こうしたプラスティックなどの身の回りにある危険を直接私たちに知らせないのは、直接言ったところで信用されないという事なのかも知れません。未来人の記事を複数読ませ、合致している「海産物は食せなくなる」というキーワードを掲載する事で、なせ?と私たちに思わせているのかも知れません。本当は未来人でも何でもなく、環境保護家たちが面白おかしく”未来人”というキーワードを用いて祭りにして警鐘を鳴らしているのかも知れないですね。



 かなり深読みしすぎかも知れないですが、環境問題を考えさせるということには一役買っているような気がしてなりません。

 未来人の真偽はさておき、第三次世界大戦についても複数の未来人があると言っています。




米、第3次大戦へ向かう恐れ=与党の上院外交委員長が警鐘





(ライターFT)

最近、未来人たちがネットをざわつかせているが・・・

第三次世界大戦の可能性



 アジアで一番戦争の危険性があるのは北朝鮮危機かも知れない。2062年からきた未来人の話では第三次世界大戦は起こると言っている。2021年に世界大戦が起こると言っていますが、ある未来人は2021年と言っている。最初に話題になったジョン・タイターという未来人は2015年に世界大戦が起こると言っていたが、これは起きなかった。



 2021年に起きる第三次世界大戦は約3年半に及ぶと2062年からきた未来人は言っているのですが、かなり具体的に話をしている。



 日本の殉職者は3500人で宮古島や石垣島などの沖縄県南部の島が一時的に中国に占領されると非常に具体的な表現をしている。

 現実的な問題として、中国が日本の南方の島を占領するということは考えられなくもない。これはある程度現在の情勢を考えれば誰もが予測可能な未来と言える。

 そしてもう一人、2070年からタイムリープしてきたという未来ジジイというオカルト板で登場した未来ジジイさん。この人は2018年に大規模な震災が起こるといっています。日時もしているのがなんとも言えない。2018年12月8日の日曜日に東海沖を震源とする地震が起きると言っている。これは12・8のような言い方が世の中に浸透するから正確な日時が言えたのかと推測するのだけど、ここまではっきり言っているのは面白い。



 そして北朝鮮のミサイル攻撃が2021年に起こるとも言っています。そして未来人原田(2062年)と同じく、2024年に戦争は収束すると言っている。

 世界大戦が起こり得る可能性については、未来人だけでなく2017年11月現在で誰もが感じている現実と言えます。我々は戦争が起こらない未来を想像すべきではないでしょうか?

 すでに何度も第三次世界大戦が起こり得る可能性があったことも事実です。

 それは1949年のベルリン封鎖の時から世界大戦の可能性があったとされてきました。アジアから火が付き、アメリカが実行に移すというシナリオはあり得ることだというのも事実です。



 もう一つは第三次世界大戦が起きないという可能性です。

 戦争なんて起きないに越したことはない。2017年5月にアメリカの空母からミサイルが発射されシリアを攻撃しました。これが起きた時、戦争の現実性を感じたのですが、この事件があったにも関わらず、アメリカは北をミサイル攻撃していないのはなぜ?

 正確にはアメリカは北朝鮮を攻撃できないというのが本音のようです。


トランプ大統領対北朝鮮攻撃しない理由


 日本人は北朝鮮の拉致問題などで、内心はトランプが北朝鮮を攻撃するのを待っているようにも思える。そこに中国とロシアがいなければ攻撃は間違いなく起こっていたと思うのですが、さすがにビジネスマン大統領、利益のない争い、いやコストがかかる争いはしないというのが本音ではないだろうか?
タイトルとURLをコピーしました