大阪、神戸、京都、なぜ奈良はいつも入れないのか?奈良の魅力

トップページ/奈良県公式ホームページ




(ライターFT)

大阪、神戸、京都、なぜ奈良はいつも入れないのか?奈良の魅力


 奈良県は狭い。しかも自然豊かな田舎街が多い。険しい山々が連なり、近畿地方では一番標高が高い山もある。2万5千年前、旧石器時代から人が住み始めたと言われており、歴史的にも非常に重要な地域でもあります。

 まずは奈良公園、まずはここを押さえておきたい。ここには鹿が沢山おり、鹿せんべいなるものが売られていて、鹿せんべいを持っていると、鹿に囲まれクレクレ状態となり、最初は面白いのですが、段々と鹿が鬱陶しくなってくる。



 私はこんな鹿を見たことないですが、鹿が鹿せんべいを拒否している画像です。これは衝撃的な画像ですね。鹿の目を見ると「やめてください、降参です」ってな感じですね。



 大体、150円くらいで販売されています。この鹿せんべい、1670年にはすでに販売されていたそうです。



 これは大和名所図解と言われるものに記載されていたもので、1791年に書かれた物です。

 米ぬかと大豆のみで作られた安全なお煎餅ですが、味はほとんどありません。そして鹿は鹿せんべいの販売所は襲わないと言う都市伝説があります。本当かどうかは定かではありませんが、販売所を襲う鹿を徹底的に教育しているとか。激しい折檻を鹿にすることで鹿を寄せ付けないらしいと言う伝説があります(笑

 実際は違うそうですが、鹿と販売員の戦いはあるそうです(笑

「奈良のシカはせんべい販売所襲わない」はデマ…日々展開される人とシカの“見えない戦い” 

 実際のところはこうした戦いが日々繰り広げられていたみたいですね。



 奈良公園だけで鹿ネタで今日も盛り上がりましたね。

 続くぞ!

 
タイトルとURLをコピーしました