フェティッシュな映画の観方 まとめ

今日はフェティッシュな映画の観方を考えてみたいと思います。

 映画の観方は個人で感じ方、受け取り方、かなり異なります。

 フェティッシュな目線でエロな個人的趣向で映画を観てみましょう。

 引かないでね。






(ライターFT)

 フェティッシュな映画の観方


 男性目線と女性目線で異なるかとは思います。

 とりあえずは男性目線です。

 映画を観ているとたまに何でもないようなシーンや女優さんのちょっとした
しぐさに、胸キュン!になることはないでしょうか?

 Buffalo ’66 というヴィンセントギャロが監督した秀作なんですが、まずヒロイン役のクリステーナ・リッチ。



 たまりません(笑

 性的に萌える、とは少し異なりますがまさに胸キュンなんです。

 今はこんなに素敵な女優さんになりましたが、彼女をスクリーンで見た初めての作品がアダムス・ファミリーでした。

 

 アダムス・ファミリー出演時のクリティーナ・リッチ。

 この映画ではウェンズデー役でシュールな演技を披露している子役だったんです。



 そしておばけのキャスパーでも子役としてキュートな演技を披露してくれました。

 まぁ、可愛らしいんですがさほど気にもとめない子役って感じで見ていました。

 それからしばらくして彼女が18歳になった時、転機と言える映画に出演します。

 それがバッファロー66です。



 

 個人的に大好きな作品で、好きか嫌いかは観た人の好みと言える作品。

 上の画像を見ても分るとおり、右のぽっちゃり少女がクリスティーナ・リッチなんです。大人になっていたんです、あたりまえですけど。(笑



 そうなんです。

 クリスティーナはぽっちゃりティーンになってしまったのです。

 ぽっちゃりした体型にミニスカート、何ともフェティッシュ。

 そしてこの映画でクリスティーナのフェティッシュな魅力を最大限に引き出しているシーンがこのダンスシーンではないでしょうか?

 ミュージカルでもないのにいきなり踊りだす脈絡の無いシーンなんですけど
このシーン、この映画の大きな魅力の一つと思います。何故、キングクリムゾンのムーンチャイルドをBGMに踊るのか?もちろんフェティッシュでCuteなシーンだけど不思議でCuteで素敵なシーンです。

 全くもって個人的な観方です(笑

 でも同じようにこのシーンにフェティシズムを感じる人も多いのではないでしょうか?

 オススメの大好きなシーンです。



(ライターFT)

 フェティッシュな映画の観方2


 昨日はクリステーナ・リッチをフェティッシュな観点から見てみました。

 俗にいうアバズレな女優をフェティッシュしてみましょう。



 映画自体のストーリーはさほど何ともいえないアクション物。

 だけどこの悪のヒロイン、Kate Nauta(ケイト・ノタ)がGoodなんです。






 この2枚の画像、同一人物です。

 こうした見方をするとさらにフェティッシュな観点に火がつきませんか?

 


まぁ、なんというアバズレ!

 素敵ではないでしょうか?

 とにかくトランスポーター2ではケイトに釘付けになります(笑

 あの割れた腹筋、ランジェリー姿の格闘シーン、そして最悪、最強のアバズレ、

 最高です。

 ありがとう御座います。

 ありがとう御座います。

 何故か2回お礼をいいたくなります(笑

 ちなみにこの動画がシンガーとしてのケイトです。

 


 いやぁ~素敵ですね。

 アバズレ最高!!!!






(ライターFT)

 フェティッシュな映画の観方3


 コートニーといえばカートですね。

 残念ながらカート&コートニーは日本では未公開で観ることが出来ません。

 シド&ナンシーのようなドラマスタイルではなく、ドキュメンタリースタイルのようで、それなら純粋にカート・コバーンのドキュメンタリーを観たいとは思います。

 それよりコートニーといえば10代の頃、本物のストリッパーもしていた過去を持つんですね。

 昨日のケイトのアバズレさ加減はどこか洗練された感がありましたが、コートニーはなんと言うかリアルなアバズレ感を漂わせているのではないでしょうか?

カートとコートニーと愛娘のフランシス

 女優としても活躍しているコートニー

 やはり彼女の魅力を最大限に引き出している映画がラリーフリントではないでしょうか?




 あらすじ – ラリー・フリント

 この映画、個人的に内容もオススメなんですけど、やっぱりコートニーが最高にいいです。演技はもちろん、惜しげも無いアバズレっぷり!

 主人公のラリー・フリントもとてもいいんですけど、この映画、やはりコートニーがミソ!

 まだスレンダーでメイクや言葉使いなど、彼女の適役だったと思います。

 フェイスノーモアというミクスチャーバンドにいた時代、コートニーは歌が下手という理由で

 クビになったりしている。ホールもいいけどやはりコートニーはアバズレ女優がいいんではと思います(笑

 


 普段でもこんな人なんですけど。

 


 そしてこちらがラリーフリント出演時のコートニー。

 最後はエイズで死んでしまう役なんですけど、動画のコートニーは痩せていました。

 この映画でコートニーのアバズレっぷりは見事です。

 フェティッシュな観方も出来るお勧め作品です。
 
タイトルとURLをコピーしました