スティーヴン・ウィリアム・ホーキング氏の警告 まとめ

「人類の終わりの可能性」ホーキング氏、人工知能開発に警告

 ホーキング博士と言えば、車椅子の天才理論物理学者である。

 世の中のことを科学的に分析し、発言する。その影響力は世界的に大きい。

 そしてまた人工知能開発に関して警告を出した。

(ライターFT)

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング氏の警告


 ホーキング博士はタイムトラベルは理論的に可能と言っている科学者でもある。

 しかし過去に遡ることは「原因と結果の基本原則に反する」として不可能とも指摘している。

 う~~~ん、小難しい(笑

 「原因と結果の基本原則に反する」?

 とにかく過去にタイムトラベルしちゃうと、バック・トゥ・ザ・フューチャーのマーティのように未来も変わるので、タイムトラベルが出来るのであれば、この法則があるので過去には行けないということだ。しかしパラドックスという考え方を取り入れれば可能なのではないか?

 要するに原因が必ず存在し、結果があるということ。

 なので結果が先にあり、原因が後ということはありえないという考え方ですね。 

 まずはホーキンス博士のお話を観てみましょう。


 


 私たちの住む世界は、ある膜の中になるとホーキンス博士は言っています。

 ホーキンス博士によると11次元の世界があると言っています。

 そして膜は2つあるとも言っています。

 そして量子論。そして宇宙のはじまりの科学的な仮説。

 

「人類の終わりの可能性」ホーキング氏、人工知能開発に警告

 ホーキング博士と言えば、車椅子の天才理論物理学者である。

 世の中のことを科学的に分析し、発言する。その影響力は世界的に大きい。

 そしてまた人工知能開発に関して警告を出した。

(ライターFT)

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング氏の警告 2


 とても興味深い。

 色々な力が働き、この世界を作っている。

 


 そして超ひも理論



 全ての可能性を説明できる、しかし実際に観測は不可能。

 そして膜宇宙論に発展する。

 とにかく観測するためにこの膜宇宙論が生まれた。理論の裏付けが可能になるという。

 明日はホーキング博士の人物像と明言などをご紹介したいと思います。
 
タイトルとURLをコピーしました