人はなぜ不倫するのか?男性心理と女性の心理の違い

不倫はなぜ罪深いのか――「貧困型不倫」と「富裕型不倫」 – 鈴木 涼美


 
(ライターFT)

人はなぜ不倫するのか?男性心理と女性の心理の違い


 不倫する男性の心理は自分を認めて欲しいという欲求が深層心理に隠れていると言われています。妻に認めて貰えないから他の女性に認めてもらいたいという欲求がそうさせてしまう。男性の場合、妻と別れたいと考えるのはほぼ無いという事です。妻の代わりに他の女性に認められたい欲求にしか過ぎないという事になります。

 もう一つは愛情に飢えているということです。

 これは幼少期の愛着に問題がある場合になります。幼少期に親からあまり愛されなく、認められなかった人が不倫には知る傾向にあるという事になります。このタイプは浮気に罪悪感を持たない人が多いそうです。



 もちろん浮気の理由や深層心理はこれだけではなく、きっと複雑な深層心理が絡み合い人間が起こしてしまう行動なんだろう。特に男性の場合、本気になることは少ない場合が多いのは事実だろう。

 逆に女性は本気になるケースが非常に多いと言われています。

 日本はまだまだ男性社会です。男性が社会では上位にあります。中にはそうでもない場合もありますが、全体的に考えると男性上位社会と言えます。これは世界でも同じ事が言えると思いますが、男性上位社会だからこそ女性の不満が溜まりやすいと言えます。

 愛情と性は女性にとっては結びついている。

 女性が不倫をするのは、性を満たすのではなく心を満たしたいからという心理が先に立つ場合がほとんどになります。

 一度、身体を許してしまうと情にほだされやすいのも女性の場合、一つの傾向と言われます。

 若い頃から男性にチヤホヤされ、結婚しても好かれるタイプの女性は自意識過剰の傾向が強い。男性から褒められたり、求められる事が女性としての価値が高いと感じているタイプの女性は不倫に走る傾向が強いとか。もう一つは、逆に自信の無い女性になります。



 常に自分に劣等感を持つ女性、自信が持てず男性に全てを任せ、嫌われたくないと考えてしまうタイプの女性も不倫に走りやすいと言われています。心のどこかで、自分はどうしようもない、なんて考えが染み付いてしまっている女性は、後に引けないタイプの不倫に走る傾向が強いと言われています。

 自分を女としてみてくれる男性に出会っとき、女性の気持ちは大きく変化します。会社や日常生活の中で男性はそうした瞬間を見逃しません。男は無意識にSEXが心の中にあります。これは本能、普段はコントロールしているのですが、女性が女を魅せた時、脳はGoと無意識にサインを出します。

 男は常に女を狙っているという事です。
 
 女性は狙われる事に対して悪い気がしないのも事実。

 不倫は妻や夫に罪悪感をもたらせます。罪悪感という甘い果実。

 人は罪悪感を感じる事を無意識に求めています。人は常に罪悪感を持ち生きています。それは求めているからなのです。不倫というのはその罪悪感を維持する為にあるのかも知れないですね。
 
タイトルとURLをコピーしました