日本初のビジュアルミュージシャン!沢田研二の功績は凄い! まとめ

マツコ 沢田研二「逆にカッコイイ」 ネット上では変貌ぶりに驚きの声も


 
(ライターFT)

日本初のビジュアルミュージシャン!沢田研二の功績は凄い!


 沢田研二というスターをご存知の若い人は少ないかも知れない。とにかくSEXYでカッコいいの代名詞のような大スターだった。愛称はジュリーと呼ばれ、名曲も多数あった。でもある時期を境に、テレビから姿を消してしまう。

 1960年のグループサウンズ全盛期にザ•タイガースのリードボーカルとしてグループサウンズ全体を引率する程の人気だったようです。私はさすがにグループサウンズ時代のジュリーはVTRでしか観た事ありませんが。すでに物心ついた時にはソロアーティストとして凄い人気だった事を覚えています。



 当時はこんなにSEXYでした。



 元祖HGスタイルもジュリーが最初(笑


    ザ•タイガース時代

 1970年代、ジュリーはすでに化粧をしてステージに立っていた。当初はライヴだけの演出だったらしいが、しかし1975年以降、テレビでもメイクしたスタイルでテレビにも出始めた。日本で始めてのビジュアルアーティストの誕生と言える。



 そのジュリーこと沢田研二が激太りしているということで、にわかに世間がざわついている。



 ウィキペディアによると、1985年頃にジュリーは独立している。この頃に離婚、再婚をした時期でもあり、音楽活動も新しいスタイルに変化していく。

Popular Videos – CO-CoLO Youtube

 曲のクオリティの高さは上の動画で確認して貰えればよく分かると思います。

 この頃よりアーティストとして自分がこだわった音楽活動を始めています。 


 
(ライターFT)

日本初のビジュアルミュージシャン!沢田研二の功績は凄い!ジュリーが太ったからって何だってんだ!


 ジュリーこと沢田研二、私達世代は小学校の時、音楽番組でジュリーをみない日は無かった程、テレビ出演していました。そしてSEXYで超カッコいい人の代名詞とも言えるスターだった。ジュリーをみなくなったのは1985年頃から。デビューから所属してきたプロダクションを辞め、不倫騒動があった以降から姿をみせなくなった。といっても映画やドラマには出ていたみたいですが。

 完全に一線から姿を消したのは2000年に入ってから。



沢田研二 Un democratic love

 実は自らテレビ出演をセーブしていたらしい。ウィキペディアによるとそのように記載されている。音楽活動については地道にセルフプロデュースを行い、アルバムもリリースしており、2008年には60歳の還暦の時、東京ドーム、京セラドーム大阪の両日、54000人を動員するという大スターっぷりを魅せてくれた。

 ネットでは昔の面影が全くないだとか、ジュリーの容姿の変貌に対し、驚きと批判の話題で満載。人間歳をとれば太ったり痩せたりするし、ジュリーが恰幅がよく、素敵な歳の取り方をしていると感じたのは渡しだけではない筈だ。

 2015年にテレビ番組で特集されたときの映像がある。少しふくよかになっているけど、それでもカッコいい。

沢田研二LIVE2015~こっちの水苦いぞ~

 歌声は全く変わっていないジュリー、いつでも素敵な大スターと感じています。

沢田研二様 ~かれこれ50周年なライブシーンとラブシーン~

 それほどジュリーが日本の音楽シーンに与えた影響は大きい。

 最近は歳をとり太ったけど、それでもカッコいいと私は感じます。日本の大スター、気さくで楽しくて素敵な歌声はいつまでも変わらない、大スターと思います。
タイトルとURLをコピーしました