2017年の後半予測 世界情勢からトレンドまで

2017後半を占う! 29年ぶりの「サターンリターン」で社会に激震!?


 
(ライターFT)

2017年の後半予測 世界情勢からトレンドまで


 2017年の世界情勢は経済的にはあまりよくない。これはグローバルの終焉で、富の集中がもたらすルサンチマンが大きくなっていることが原因だろう。

 グローバル経済の基本は、ヒト、カネ、モノが自由に国境の縛りがな行き交い、経済を活性化するという考え方だったはず。うまくお金儲けができる人だけが富を築く事ができるという経済スタイルともいえる。ここで問題なのは一生懸命働いても社会の仕組みがそういった真面目な人に対して恩恵に当たれないという社会システムともいえる。

 人一倍働いても暮らしは豊かにならない。

 生まれつきのお金持ちや、運のいい人が当たれば一攫千金という理不尽ともいえる社会のような気がしている。



 こうした競争社会に、世界中の人達は嫌気をさしている状態が2017年の上半期の終わり頃、つまり6月の後半あたりになる。

 デイリーSKINでも何度も取り上げているイギリスのEU離脱の国民投票やアメリカのトランプ大統領の誕生が、世界の流れを分かりやすく表している。

 誰もがグローバル経済にNGを出した事が原因となる。

 誰もがヨロコビを感じる力が弱まっているとどこかで感じているのだ。



 社会の仕組みが誰の為にあるのかという事は、ほとんどの人達が理解していない。現在の社会システムは一部の資本家や富裕層の為にあるということを頭では理解していなくて、身体で理解してしまっている状態ではないのだろうか。

 頭では分かっていないが、何となく生き辛さを感じている。

 資産のない家庭に産まれた子供が、大学を出たいと考えたとき学費を調達しないとなりません。国立大学ならまだましだけど、私立大学になると奨学金という借金を背負わされ、社会に出た瞬間から何百万もの債務を抱えて生きていかなければならない。



 しかしこうした学生や学生を持つ親達の叫びはメディアではあまり報道されない。それは情報操作されているから仕方ない。国民の叫びは黙殺されてしまう。

 情報操作なんて陰謀論に過ぎないという事をいう人もいるが、原発の反対デモをみればよく分かる。



 日本を始め世界でも数十万人の参加者がいるにも拘らず、報道は少なかった。

 2011年のあの大災害後、誰もが原発にNOだと思ったのだが、メディアでは原発は必要という一般市民や怪しい有識者がメディアに登場している。

 原発なんて必要ないのに。

 こうしたメディア操作を政府は行っているはずだ。

 日本の借金1000兆円超え

 この報道も全くのデタラメ。

 日本だけでなく、こうした情報操作は世界で行われている。

 まだ日本ではこうした社会が当分続くはずで、国民の不満が爆発するまでは続くはずだ。
タイトルとURLをコピーしました