メイクで変化する人達 中間まとめ

男女共に憧れる“カッコイイ女性”になる為のヒント



(ライターFT)

メイクで変化する人達


 女性のメイク技術が進化して、もはや原型が分からない。

 目ってこんなに大きくすることができるんですね。

 でもどうやって目を大きくするのでしょう。上記の画像のメイクは約1.5倍くらいの大きさに変化している。メイクで化ける方法として目を大きくするというのが基本になるのではと考えています。目を大きくするメイク方法を調べていきましょう。



 大きく魅せる方法としては錯覚を利用する方法があります。



 これはだまし絵に使われる錯覚です。デルプーフ錯覚という手法になります。

 右の●の方が大きく見えます。目の周りを黒のアイラインやアイシャドウで囲んでしまうと目が小さく見えてしまうという訳です。



 上記のように大きめの円で囲む事で●が大きく見えます。

 アイメイクする時に注意しないといけないのがラインのひき方です。ラインのひき方も錯覚を利用する事で長く大きく魅せる事ができます。



 目尻から目尻までしっかりアイラインをひくと左のくの字のような現象になります。アイシャドウやアイラインを使用するとき外に広がりがあるメイクをすることで目を長く魅せる事ができるのです。

 目頭からアイシャドウをひく時、薄めにひき、外側の目尻側を濃くひく事で切れ長の目が演出できるという事になります。幅を持たせ上下に大きくするのであれば涙袋と二重幅で作る事により目が確実に大きく見えてきます。



 この人もこの法則に従ってメイクしているのが良くわかりますね。

 二重の幅を広めにとり、涙袋で目の幅をとっていますね。アイシャドウも目頭から目尻に書けて濃い目に、大胆にラインを引いています。さらにまつげで上に大きく魅せていますね。



 アイメイクを押さえておくことで大体の印象が決まりますね。


コットンにアレを仕込む!目元メイクお直しの必見テクニック



(ライターFT)

メイクで変化する人達 アイメイクテクニック編


 メイクに自信がある人はメイクで美しくなれます。美しい人はさらに美しく、そうでもない人でも美しくなれます。ちょっとしたコツを押さえる事で今までとは違った印象を創ってみましょう。



 ビフォアアフター画像をみて思うのはやはり目元をパッチリさせることが劇的な変化の基本ですね。



 まずはベースになる下地は大切です。普段からメイク乗りがいいようにスキンケアを日頃のルーティーンに加えておきましょう。



 まずは普段からのスキンケア、湿度の覆い季節や乾燥した季節等、お肌の適正な保湿を心がけましょう。肌には表皮、真皮、皮下組織と3つの層から成り立っています。潤い、キメ細かやさ、ハリが見た目を良くしてくれます。突き詰めると食生活や生活習慣から考えないと、本当の美しさとはいえないかも、でも今回は普段のルーティーンとしてスキンケアを心がける事が大切です。



 朝の洗顔後、化粧水、美容液、乳液等の順番で、夜はクレンジングから始まり、特に洗顔後は保湿をメインに朝のルーティンの繰り返しです。

 肝心のメイクについてですが、一重の人は二重にしましょう。



 上記はアイプチメイクですがかなり自然な仕上がりですね。



 こちらは失敗例になります。アイプチが浮いてしまっている例です。二重部分が均等ではない、テカリが多いという例になります。アイプチに付属しているプッシャーにアイプチの液がくっついてしまっちゃったりすると、二重のラインが均等になりません。アイプチにアイシャドウを重ねると、せっかく作った二重をアイシャドウが埋めてしまいます。

 アイメイク前にアイプチを使うと思っている人は要注意です。メイクの最初に仕上げたいとお考えかも知れませんが、アイメイクの最初にアイプチはしないが基本です。


 
 ベース、アイシャドウ、ビューラー、ジェルアイライナー、アイプチ、リキッドライナー、マスカラの純に仕上げていきましょう。アイプチ部分には極力触らないようにメイクすること、アイメイクの順番に気をつけるだけで目元はバッチリ、キレイにカワイクメイクできます。



 アイプチの液がくっつかないよう、しっかり乾いてから!

 コツを掴めば簡単、それまでは何度も練習してみましょう。

♡:[メイク]アイプチって難しい!コツを知って二重美人になろう より抜粋

 次回も細かなメイクテクニックを。現在調査中となりますので、しばらくお待ち下さい。
タイトルとURLをコピーしました