ハイリー•センシティヴ•パーソン「HSP」を理解しよう。

“敏感すぎる”に共感広がる


エレイン・アーロン

(ライターFT)

ハイリー•センシティヴ•パーソン「HSP」を理解しよう。


 このHSPというのは病気や障害ではない。一言でいってしまえば感受性が強過ぎる性格のこと。この言葉が産まれたのは1997年、アメリカの心理学者が著書の中で提唱した言葉になります。

 今回、このHSPを取り上げたのは私の息子が多分「HSP」と思われるからです。うちの息子はとても敏感で、いたずらで驚かせたりしたら飛び上がる程驚き、泣き出します。とにかくよく喋るのですが、何でも質問してきます。最初は発達障害を疑ったのですが、づも発達障害とも違う。よくよく調べると「HSP」に行き当たりました。驚く程に「HSP」の症状そのままだったので、親として理由が判明し胸を撫で下ろしています。



 Are You Highly Sensitive? セルフテスト 

 上記リンク先でセルフテストが出来ます。



 この症状については特に心配する必要はありません。このHSP、5人に1人はいると言われています。そして生まれ持った性格といってもいい。人間だけでなく、他の動物にもHSPは存在するようです。生物にとって生き残る為の戦略だということなのです。

 まずはこのHSPを理解してあげないと、怒らなくてもいいのに怒ってしまったりすることでお子さんの将来に大きな変化が産まれる可能性があるという事を理解しておきましょう。

 感受性が強いあまり、疲れやすく生きづらさを感じる事が多いと言われています。大きな特徴は以下の通りです。

• 繊細で真面目
• 引っ込み思案
• 神経質
• 打たれ弱い
• 人とのコミュニケーションが苦手



 大きな特徴はこんな感じになります。かなり大雑把ですがこうした性格の人は多いですね。初対面では分かり難いですが、少し慣れるとこうした性格だということが見えてきやすいですね。

 子供の場合、HSPであると親が理解する事で飛躍的に芸術面や学力を伸ばす事が可能と言われています。優れた想像力と共感性に溢れているという特徴があります。

 明日はこうしたマイナスに捕われがちな人、HSPだけでなくマイナス思考な考えの人にも有効なマイナスをプラスに考える方法をお伝えしたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました