セックスライフが充実するとどんな変化が起こるのか ええことだらけのまとめ

セックスライフを充実させるための3つの“ルール”とは?



(ライターFT)

セックスライフが充実するとどんな変化が起こるのか


 セックスしないと人間はどうなるのか?

 寿命が短くなるという研究結果があります。これは既婚者より独身の方が寿命が短いというデータが出ています。セックスに関することだけでなく、異性と一緒に住み、お互いを気遣うことで病気になった時に、早めに病院で受診できることや、夫婦やパートナーと一緒にいることが健康を維持するということに役立っている側面もあります。

 ハーバード大学の研究では独身者より既婚者の方が10年も寿命が長いというデータが発表されています。



 イギリス医学会の研究論文でも1000人を対象に45歳から60歳までの人のセックス回数のデータをとった所、セックス回数の多い人程、長生きの傾向が高く、性的な興奮がない人達の10年後の死亡率は性的な興奮が多い人の2倍の死亡率だというのです。

 セックスという行為は大事な行為ですね。

 すけべ漫画家の成田アキラという人がいます。この方、テレクラブームの時に実体験をマンガにして大人気になった漫画家さんなのですが、現在70歳を超えているにも関わらず70歳には見えない若々しさです。



成田アキラさんの画像が掲載されているサイト

 まさに驚きですね。

 この先生、実体験をマンガにしているだけあって女性経験は豊富、というより凄い(笑

 成田アキラのオンナは女神さま)18歳未満は立ち入り禁止です)

 男性はとくに若々しくいられるというのが、成田アキラ先生をみれば納得ですね。



 性的な興奮や快感というのは、回数を重ねることで得られるのです。つまりセックス回数が減ると、この逆の状態になってしまうということです。最終的には性欲自体がなくなってしまうということになってしまうらしいのです。

 セックスという行為は大体の人が好きな行為ではないでしょうか?

 不幸な体験によるトラウマでセックスができなくなってしまう人もいるでしょう。そういった人達にもトラウマを解消し、素敵なセックスライフを送れたらと思います。

 ここでは誰とでもセックスしなさいと言っている訳ではありません。できれば愛のあるセックスライフを送ることが一番だと思っています。

 充実したセックスライフを送るには、セックスレスになっている人が解消するにはどうしたら良いのか。

 こんなお話を特集していけたらと思います。

 成田アキラにはなれないけど(笑

49歳、10年以上セックスレス。夫は「自分からセックスは求めない」のポリシーを曲げない



(ライターFT)

セックスライフが充実するとどんな変化が起こるのか セックスレスはなぜおこる?


 セックスレスが起こる原因としては、出産という人生でも大きな一大イベント後に多く起こるようです。夫、妻のどちらかがセックスを望んでいるにも関わらず、1ヶ月以上行為がない状態をセックスレスといいます。1ヶ月くらいならいいですが、何年もない夫婦は危険状態といえます。



 ハグしたり、キスしたりもなくなれば、その先にあるのは離婚という二文字も散らついてくるのではないでしょうか?

 産後のレスが長く続いた場合、大半の原因は妻側の忙しさではないでしょうか。

 乳児がいるとまず睡眠が取れなくなります。人間、睡眠が取れなくなると精神的に非常に辛い状態になります。眠れない状態が数ヶ月も続くのですからSEXどころではないというのが本音でしょう。



 まずは奥さんの睡眠を確保してあげて下さい。精神状態が非常に悪いので、家事等のサポートを2人でするのがベストです。家事の大変さは家事をしていない男性には中々分からないことです。出産後、最低2ヶ月間は率先して男性は家事を手伝うべきです。

 そして産後の身体のダメージも深刻です。

 こうした事でセックスレスになるのは当たり前といえます。同時にホルモンバランスにも変化が訪れます。性欲が無くなってしまいます。夜間眠れるようになっても育児の辛さは女性の方が確実に大きい。

 肉体的にも精神的にも疲れ果てる産後にセックスレスになるのは当然です。

 この時期はセックスより妻を労り、家事や育児の参加をすることを重要視して上げて下さい。この妻への労りを忘れてしまうと、産後クライシスに発展する可能性があります。夫婦の愛情が急速に失われていく症状です。



 この時、女性はホルモンバランスの影響でイライラしたり普段腹が立たない事でも腹が立ったりします。こうした時こそ、夫婦で話し合いが必要です。妻は夫に自分の身体の事をはっきり伝えましょう。男は言われないと分からないのです。自分だって仕事で疲れているのに、なんて思ってしまいます。子育ては妻の方が何倍もしんどいのです。

 夫婦で話し合い、妻を労り、リラックスさせてあげましょう。



 ここでお勧めなのはマッサージです。

 マッサージはスキンシップにもなりますので是非やってみて下さい。



 産後にレスになる事を避けるには、出産という大変なイベントを終えた妻を優しくサポートしてあげる事がポイントです。疲れているのは自分だけではない、妻の方が何倍も疲れています。この事を覚えておいて下さい。

78歳男性にも効果、男性機能回復「かかと伸ばし」運動



(ライターFT)

セックスライフが充実するとどんな変化が起こるのか セックスと健康!


 キリスト教ではセックスは秘め事でありタブーとされている。淫らな行為はしてはいけないといわれています。

 セックスを我慢できないなら結婚し、一人の人と1対1でしなさいとされ、禁欲が基本になります。キリスト教のSEX観は、溺れてはいけないということが基本的な教えなのだと思います。淫らな行為=サタンというイメージを創りあげてしまった。



 この教えが現在の日本にも浸透したかはわかりませんが、SEXは恥ずかしいものという概念が浸透しています。ティーンの頃、SEXについて男性も女性も非常に興味深くSEXをみていたのではないでしょうか。キリスト教の教えは少し行き過ぎた感がありますね。

 基本は愛する人との行為はとても素敵ですね。



 さほど愛がなくてもSEXをすることは可能です。誰とでもというと、性病等が怖いですが、人間ですから好きな人以外の人ともありえますね。昔々の日本のSEX観はもっと自由奔放だったそうです。それが良いとか悪いとかではなく、最近のテレビ報道を観ていると、あまりにも不倫報道が金指過ぎて、恋人以外の人といい仲になってしまったら、それは悪と判断され、社会的に抹殺されてしまいそうな勢いです。

 誰が誰と仲良くなろうが、個人のお話、それを忌み嫌うような報道のあり方に、若者のSEX離れがあるのではと思ってしまいます。

 でも基本は好きな人とするSEXがいいですね。

 SEXをすると健康になる。

 ストレスの緩和と血圧の下降、免疫力の向上、健康にはとてもいい。

 自分本意のSEXではストレスが余計に溜まりますね。

 お互いにオーガズムを得る事で、親密度が上がり、よく眠れたりします。



 SEXをすることでオキシトシンというホルモンが分泌され、外見も若々しくなり、心臓疾患になる確立も下がります。脳神経増え、脳機能の向上にもなり、いいこと尽くめ。

 できれば出勤前、朝のSEXがいいらしいです。女性の場合、SEXによって分泌されるホルモンがハリのある肌艶や、髪の質も向上させるとか。そして何より天然の精神安定剤になります。

 疲れていてSEXどころではないと思いがちになりますが、疲れているときこそSEXする時間を作るべきです。そうすることで精神の安定を図り、質の良い睡眠を得る事ができます。

 男女共にエクスタシーを得る事が大事です。

 中高年になると、マンネリ化する事でセックスレスになることが多いですね。

 こんなときはいつもとは違った方法でセックスを楽しむことが必要になりますね。誰しも安心して、お互いを信頼しあう素敵なセックスライフを求めています。カップルや夫婦で親権に話し合うことが大切です。

 少しアブノーマルなことだって、話をしてみないと前に進みませんね。
タイトルとURLをコピーしました