ワイルドスピードにはまるのはなぜ?まとめ

『レザボア・ドッグス』ホラーの巨匠も途中退席してた!



(ライターFT)

ワイルドスピードにはまるのはなぜ?


 今も昔もカーチェイスを目玉にした映画は多く作られてきました。最近では「ワイルド•スピード」シリーズは最高に面白いですね。主演、ヴィン•ディーゼルの身力も映画の魅力の一つですが、もう一つの魅力は物語に使われる車ですね。

 ワイスピでは古いアメ車や日本車が登場するので私達、日本に住んでいる人はどんな日本車が登場するのか楽しみですね。



 ホンダ、インテグラは日本の走り屋の間でも憧れの車ですね。ワイスピに登場するインテグラはかなりのチューン車でボディもアメリカンペイントが非常に派手な仕様ですね。



 今は亡きこの映画の主演、ポール•ウォーカーはかなりの日本車マニアで、MEGA MAXの中でブライアンとミアがブラジルのスラムを走るシーンで使われています。



 ポール•ウォーカーは趣味でカーショップを共同経営する程のカーマニアだったらしくこちらのサイトでは共同経営者と一緒にポールのコレクションの画像があります。

 ワイルドスピードの中で登場する車で、アメ車のチューンがとてもカッコいいですね。



 ドミニクの乗る、ダッチ•チャージャーは超クールですね。



 何度も大破している車ですが、とにかくカッコいい車ですね。まさにTheアメ車ですね。



 ドミニク•トレッド(ヴィン•ディーゼル」とダッチ、とてもマッチしていてCool過ぎですね。

まるで猫VS象!? 近代兵器の見本市『ワイルド・スピード ICE BREAK』



(ライターFT)

ワイルドスピードにはまるのはなぜ?2


 ワイルド•スピードにハマる要因の一つには主人公は悪党一味という設定ではないでしょうか?悪党だけど筋が通っていて、ファミリーの絆は深く仲間を裏切らない。最終的にはFBIとも何ともいえない信頼関係を結び、新たなミッションに巻き込まれ、命をかける羽目になる。



 もう一人の主人公、ブライアン•オコナー(ポール•ウォーカー)はFBI捜査官でドミニク•トレッド(ヴィン•ディーゼル)一味になってしまうというあり得ない展開になる。2001年に始まったこのシリーズ、短編をいれると2017年公開の愛すブレイクまでに8作目となる。

 そしてもう一つの魅力はSEXYな女優が数多く出演しているのも、この映画の身力の一つになる。



 賭けストリートレースのシーンでは必ずレースクィーンのような美しくてスタイル抜群のストリートレースクィーンがいる。



 ストリートレース前の雰囲気がまたいい。ワル達とそこにいる女性がみんな美しくてSEXYな女性ばかりなのだ(笑



第145回:ダッジ・チャージャー最強! 潜水艦にだって勝つ! 
『ワイルド・スピード ICE BREAK』



(ライターFT)

ワイルドスピードにはまるのはなぜ?3


 すでにワイスピはストリートレースなんかより、世界を救う程のミッションをこなすようになってしまった。映画としてはただのギャング物ではなく、国際的な犯罪集団を撲滅する正義の味方になってしまう。2009年のMAXまでは良しとしても、MEG MAX辺りから話はさらに大きくなり、EURO MISSION辺りから話はさらに複雑になってしまう。

 完全にヒットシリーズしたワイスピ、カーアクションもさらに派手になり、あり得ない展開や絶対に死んでるだろうというアクションシーンが多くなってきた。金がかけられる程、メジャー作品になればなるほど、映画自体は面白くなるのだけど、やり過ぎ感も否めない(笑



 このスカイミッションではヴィン•ディーゼル演じるドムとジェイソン•ステイサム演じるショウのチキンレースシーンが最高に面白い。



  
ドミニクvsショウ車正面衝突 動画

 とにかくこんなことをする奴はバカなのである(笑

 でも男ってこんなオバかなシーンを見て単純にカッコいいと思ってしまうんです。それがドムとショウだからなおさらなんです。

 今回、ワイスピを取り上げたのはこのシーンを紹介したかったらと言ってもいい。完全にアホのすること。

 もちろん映画のワンシーンで撮影ということは理解しているんです。

 現実にこんなことをする奴もいないということも分かっている。

 でもこのシーン、男なら誰が観ても衝撃をうけるシーンなんです。このシーンには男が絶対に負けられないとき、逃げれない場面に追い込まれたとき、命を考えずに行動してしまうアホな男に単純に憧れてしまうという心理が働くのでしょう。このシーンがなかったら、この映画で観るのを止めていたかも知りません。
タイトルとURLをコピーしました