酒を飲みたい、でも弱い、こんな人は必見!酒を旨いと思える方法

お酒を飲むときにトマトやマンゴーを一緒に食べると、二日酔い防止になるとの研究結果



(ライターFT)

酒を飲みたい、でも弱い、こんな人は必見!酒を旨いと思える方法


 酒に酔うメカニズムを前回さらっとご説明しましたが、普段から体調を管理し整えておく事は必須です。体調が悪い時のお酒程マズいものはありません。特に酒に弱い人は体調が良くない日は飲まないのがベターです。

 お酒が弱い人の飲み方としてひとつ、ビール1本位なら一気飲みできて、しかも美味しく感じる飲み方があります。その方法としては”汗”を大量にかくことです。汗を大量にかいた後の冷えたビールは最高に美味しいと感じます。ほとんど飲めない人もこの方法なら缶ビール1本なら一瞬で飲むことが可能になります。



 但し、この飲み方ですが非常に身体に悪い。あまり頻繁にはしない方がいいです。しかし運動後のビールは最高に美味しい。味もそうですが、心地よい酔いが回ってきます。この心地よい酔い、お酒の弱い人は最初の1杯だけですので、それ以上は危険、リバース(嘔吐)の原因になります。そしてこの方法を試す、もう一つの注意点は、飲んだ後、必ず水分補給を充分に行うことです。

 仕事やスポーツをした後で、身体の水分がほとんどない状態でアルコールを摂取すると、ただでさえ渇水状態の身体に、アルコールの利尿作用が加わり、さらに身体は脱水症状に陥ります。これは絶対に避けなければなりません。必ず十分な水分補給を行って下さいね。



 現場仕事をしていたとき、現場の年配の職人のおっちゃんは、仕事中に絶対水分を摂らない、夏場の暑い日、どんなに喉が渇いても15:00以降は絶対に水分補給しないおっちゃんがいました。仕事が終わると、おっちゃんコンビニに走り、缶ビールw4,5本買い込んで一気飲みです。この時の為に職人のおっちゃんは15:00以降、一切水分を摂りません。

 そのおっちゃん、ある日、私にビールを1本差し出してきました。

 「酒、飲めないんで、すいません」とお断りすると、

 「ええから、何にも言わんと飲めやコラっ!」

 普段、あまり喋らないおっちゃんがこう言いだしたので、1本だけ付き合うことにしました。そして一口飲むと、別世界が広がったんです(笑



 当時、ほとんど飲めない私は始めてお酒、缶ビールですが1本ゴクゴクとほぼ一気飲みできたんです。どんなに美味しかったかを今でも鮮明に覚えています。



 この日はもう一本、車を降りてから自分でビールを買って飲んだ記憶があります。

 でもかなり身体には負担が大きいので、1本だけにしておきましょう。

 この経験が酒の美味しさを始めて理解した瞬間です。
タイトルとURLをコピーしました