酒を飲みたい、でも弱い、こんな人は必見!

「下戸克服.com」



(ライターFT)

酒を飲みたい、でも弱い、こんな人は必見!


 お酒に弱い人は元々の体質で仕方ない事なのです。でも飲み会等で少し飲んで気分が悪くなったり、しんどくなったりするのはとても辛いですね。酒を美味しく頂くには、ある程度、耐性をつけなくてはなりません。特に弱い人には練習が必要なのです。そこまでして飲まないといけないのか?そう考える人は多いですが、少し練習して体調を整える事で美味しくお酒が頂けて、飲み会で断るなんてことがなければ、人生にもう一つ楽しみができるのは確実です。



 アルコールを摂取して楽しくなるメカニズムですが、脳内のドーパミンという神経伝達物質の分泌によるものになります。このドーパミンの分泌により、楽しさや心地よさである酔いを感じる事ができます。実はアルコールを摂取すると、ドーパミンだけでなくセロトニンも分泌されます。デイリーSKINでは脳内物質について何度も書いてきましたが、セロトニンという物質は不安や恐怖という感情を抑える働きがあります。つまりアルコールを摂取することで、ストレスを緩和し、楽しい気分にしてくれるという効能があるのです。

 もちろん、反対に作用することもありますので、注意が必要になります。

 判断能力の低下、新しい記憶を作る能力の低下、依存という怖い側面もあります。



 上記の表を見ても分かるように飲み過ぎは死に至る可能性もあります。

 長期に大量に飲酒する事で肝臓やその他の臓器に大きな負担を与えます。特に依存は怖く、脳の機能にも大きなダメージを与えるので、飲酒量が自分でコントロールできない人は飲酒自体をやめた方がいいですね。

 デイリーSKINのこの記事にたどり着いた人は、飲めない人がほんの少し飲めるようになり、飲み会で少しだけいい気分になる為に来ているはずです。飲み過ぎには注意して読み進めて下さい。

 下戸、お酒が自分の体質に合わない人はアルコールを分解する成分を取り入れる事で少しは飲めるようになります。荒っぽいやり方なら、飲めない酒を飲む回数を増やす事で、ビールや日本酒なら飲めるようになります。二日酔い等もなくなりますが、身体に残るダメージはかなり大きいと思います。


「ほろ酔いをすっ飛ばして、こうなる」お酒が飲める人と、そうでない人を図解

 非常に分かりやすい画像になります。

 上記のような状態にするにはアルコール分解酵素が必要になります。

 元々、お酒が弱い人はこうした酵素を持っていません。持っていない人は外から取り入れるしかないという事になります。

・アルコール脱水素酵素(ADH)
 
・アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)

 基本的なことは普段から肝臓にいい食べ物や飲み物を摂取しておく事です。

 普段から肝機能を高める食品として有効なのは”ゴマ”です。



 サプリでも構わないでしょう。

 肝機能をを強くするには良質なタンパク質を摂る事も有効です。同時に有効なビタミンも摂っておきましょう。肝臓に良いビタミンは以下になります。

ビタミンB1:
豚ヒレ肉、いりごま、ロースハム、ウナギの蒲焼、焼き豚、たらこ
ビタミンB2:
豚レバー、牛レバー、鶏レバー、干ししいたけ、ウナギの蒲焼、納豆、鶏卵、牛乳
ビタミンB6:
にんにく、ピスタチオ、牛レバー、ほんまぐろ、鮭、鶏ささみ、さんま、バナナ
ビタミンB12:
しじみ、赤貝、焼き海苔、牛レバー、イクラ、ほっき貝、煮干し、牡蠣
ナイアシン:
たらこ、いわし、かつお、鶏肉、牛レバー、まいたけ、えのき、豆類
葉酸:
牛豚鶏レバー、うに、焼き海苔、ワカメ、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラガス、枝豆
  
 かなり難しいです(笑

 でもこうした日々の体調管理が酒の席で、体調を崩さない前捌きとなりますので、お酒の弱い人、飲めない人には大事な事なんです。

 明日は飲む前編です!
タイトルとURLをコピーしました