言葉を操り充実したライフスタイルを作る

“処世術”学びたい有名人ランキング 首位は明石家さんま



(ライターFT)

言葉を操り充実したライフスタイルを作る


 「言葉は魔法じゃよ」

 ハリーポッターシリーズでダンブルドア校長がハリーに放った一言です。言葉は人を殺す事も生かす事もできる、まさに魔法のようなもの。



 日々の生活の中で言葉は何気なく使っています。何気なく使った言葉が人を傷つけていたり、喜ばせていたり、自分でも分からない間に一人歩きしてしまいます。その効果は凄い効果で、その一言で好きだとか嫌いだとかで印象づけられてしまう程です。

 成績の良い営業マン、弁護士等は言葉の使い方を良く知っています。

 どちらも相手の心理状態を把握し、的確な言葉を使い相手を納得させ思い通りに動かします。これは非常に難しい手法になりますが、相手の無意識化に働きかけ、相手の行動を制限したり、反対に超えてはならないラインを超えさせてしまいます。



 優秀な営業マンがよく使う手が「ザイオンス効果」という心理術です。

 ザイオンス効果というのは別名、「単純接触の原理」といわれるものです。接触の回数が多ければ多い程親密度が増すという効果です。毎日遭っている人に安心感を感じるのはこうした心理的な効果が原因なのです。成績の良い営業マンは必ず何度も対象者に会ったり電話したりして契約を取り付けたりします。

 これは恋愛にも通じる効果といえます。



 人との関係を深めたければその人と何度も会う事がポイントです。その時にある言葉をかけるとさらに関係は深まっていきます。長い時間会う必要はありません。回数を重ねれば重ねる程効果的になります。

 ザイオンス効果の限界は10回までと言われています。

 恋愛をするなら10回までの面談が相手に自分の印象を決めてしまうという事になります。ここで相手に失礼な言葉を発しないように注意しておけば、その後の関係はとてもいい関係になります。ザイオンス効果は10回までが相手に信頼感を構築させる期間と考えて下さい。10回を超えるとその感に作り上げられた印象のままの関係になってしまいます。

 こうした心理的効果を踏まえた上で、言葉の力を最大限に引き上げていきましょう。

 続く
タイトルとURLをコピーしました