屁の匂いを嗅ぐ行為 屁は最高!

女性たちが赤面告白!「私たちのオナラ失敗談」



(ライターFT)

屁の匂いを嗅ぐ行為 屁は最高!


 若い頃はオナラを我慢する事は容易い事でした。出そうになったら肛門を締め屁を体外に出さない。しかし年齢とともに屁が我慢できなくなるだけでなく、くしゃみも我慢できなくなります。

 屁を我慢することは身体にとっては良くない事です。できれば誰もいない所で、誰にも迷惑をかけずに、思い切り屁をぶちかましたいもんです。ネットでオナラを我慢すると検索すると、かなりの確立で「実が出た」という体験談にヒットします。

 おならだと思って出したらまさか……という経験、大人になってからありますか?「はい 7.6%」―対処法も

 絶対数は少ないのですが、誰もが一度は経験した事があるのではないでしょうか?



 実といっても、美味しい果実がケツから産まれる訳ではありません。要するにウンコを漏らしてしまったという事です。オナラだと思い思い切りぶちかますと、実が出た。なんて美しい表現なのでしょう。実でもなんでもない排泄物なのに、あえて実が出たと表現する日本人は素敵ですね。しかも大人になってから、「やっちまった」という人は7.6%もいます。1000人中76人も実が出た人がいるという事です。

 1万人なら760人、100万人なら7600人、お、恐ろしいわっ!



 英語では「fart/wind/gas」等と呼びます。

 「弟は時々教室でオナラをする」これを英訳すると

 My brother farts sometimes in class.

 先生は私たちの前でおならをした。

 The teacher broke wind in front of us.

 別に英訳する意味なんて無いのですがなんとなく。

 おならってとても恥ずかしい事ですが、やはり奇跡のwind(風)なんですね。



 彼氏とケンカしていても、ぷぅ~っとやってしまったら笑いが起こり仲直りできたとか、女子が男子の目の前でやっちまったりした時、周りの男子が「気にするな、誰でもするよ」なんて優しい空間ができたり、たまに屁とは思えない音が出たりととにかく笑いを誘います。

 おならの魅力ってなんでしょうね。

 とにかく臭くない屁を心がける事で、腸内環境も整っているという事になります。さほど臭くない屁は万病を治癒する効果もあり、腸内環境を整えておきましょう。


タイトルとURLをコピーしました