運気を上げる まとめ

「幸運な人」を10年間研究した心理学者が気づいたこと



(ライターFT)

運気を上げて充実したライフスタイルを作る


 イギリスの心理学者でリチャード・ワイズマンという人が運について研究した。運のいい人にはある法則が存在するようです。運のいい人と悪い人の4つの違い。

1.運のいい人はいつも偶然のチャンスに巡り合うが、悪い人はそんな経験がほとんどない。


2.運のいい人は理由が分からないまま正しい選択をしている。悪い人の選択は失敗に終わる。


3.運のいい人の夢や目標は不思議なくらい実現する。悪い人の夢や目標ははかない空想と同じ。


4.運のいい人は不運を幸運に変える力がある。悪い人はその力はなく不運が混乱と破滅をもたらす。


 運のいい人はそれなりの行動をしている。行動的でチャンスが訪れる出来事が多い。そして直感を信じ行動している。無意識に正しい選択をしており、自分の人生を常にポジティブに考えている。そして不運を不運と思っていない傾向が強い。

 誰もが幸運を望んでいます。

 強運の持ち主はとにかくポジティヴで自信家が多いという統計となっています。自分を信じる人はそれなりの強運の持ち主。

 リチャード・ワイズマンによると「幸運とは心がけ次第」という結果になっている。



 以外に幸運をつかむには簡単な4つの方法を使うことで、人生そのものが楽しくなるのであれば、今日から実践してみましょう。

 先日、こんなことがありました。

 25年程前、私はある事情があり友人の家に転がり込んでいました。かっこいい言い方をすればルームシェアさせて貰っていました。家賃が払えなくなった私を友人は受け入れてくれたのです。喰うにも困っていた時だったので、有り難かったです。

 そしてついこの間、ある人物を介して、福祉関係の事業所を立ち上げる人を紹介されました。女性の方なんですが、新しい事業を始めるにあたりお手伝いしてくれる人を捜していたそうで、本当にたまたま私が紹介されました。私も知っていることはもちろん、その人が事業所を無事に立ち上げられるように現在も色々とお手伝いしています。

 その方との出会いを私は奇跡と考えています。


運のいい人はタイミングがいい! 入籍、引っ越し、新製品の発表…「重大なこと」をする最適な日がわかる、“タイムディレクション”とは?



(ライターFT)

運気とタイミングと気持ちの問題


 先日からの続きになります。

 5年程前、私はある事情があり友人の家に転がり込んでいました。かっこいい言い方をすればルームシェアさせて貰っていました。家賃が払えなくなった私を友人は受け入れてくれたのです。喰うにも困っていた時だったので、有り難かったです。

 そしてついこの間、ある人物を介して、福祉関係の事業所を立ち上げる人を紹介されました。女性の方なんですが、新しい事業を始めるにあたりお手伝いしてくれる人を捜していたそうで、本当にたまたま私が紹介されました。私も知っていることはもちろん、その人が事業所を無事に立ち上げられるように現在も色々とお手伝いしています。


 前回までのお話。



 実はこの女性、25年前に友人が住んでいたマンションでルームシェアしていた時のオーナーさんの娘さんだったのです。

 そのマンションの1階にはお弁当屋さんが入ってたのですが、当時、高校生だった娘さんはそのお弁当屋さんでアルバイトしていたらしいのです。当時の私はお尻までの長髪野郎でした。そうした特徴を彼女に話したら、「よく覚えています」ということだった。

 新しい事業を立ち上げるということで、チラシやパンフレットの見直しや、地域での理解の得方やマーケティング等のやり方を現在も教えており、とてもいい関係が出来ています。お互いに奇跡ってあるんですね、なんてことを話しております。



 リチャード•ワイズマンによると、運を引き寄せるには「幸運は心がけ次第」ということを忘れてはいけませんね。

 心がけのお話として、興味深い美輪明宏の「正負の法則」という考え方があります。とてもシンプルで分かりやすい法則と言えます。

 人生にはいいことも悪いことも起こるもの

 という考え方です。

 人生にはいい時があれば、そうではない時もある。そんな時は

 「頭を低くして嵐が通り過ぎるのを待ちなさい」

 という人生経験豊富でな美輪明宏が悟りの境地のような言葉を教えてくれています。

 リチャード•ワイズマンの「幸運は心がけ次第」という法則と、三輪さんの「正負の法則」を考えてみましょう。どんなに運のいい人でも辛いことや悲しいことは平等に訪れるとしたら?



 辛い時に「負の先払いをしている」と考えた方がいい。

 リチャード•ワイズマンの「幸運は心がけ次第」、そのものの考え方ではないでしょうか?

 努力を辛いと思いながらするのであれば、その先には努力が報われると考えた方がいい。でも人生って往々にして報われない努力もあるのです。その努力が報われなくても、別の幸せが必ず舞い込んでくるはずです。

 冷静に感情をコントロールし、どんなことがあっても考え方で自分をコントロールし、暗い気持ちの時にこそ、発想の転換をし心にゆとりを持ちたいですね。

 三輪さんは「自分自身の微笑みが武器になる」と言っています。

 まさにその通りと感じています。

 運気を上げるには微笑むことが大切。
 

2017年、幸運のヒロインになるために読みたい、”運気を上げる人、下げる人”。



(ライターFT)

運気とお金


 本日で3回目の運気についてですが、前回は「正負の法則」があるということをお話しました。光がある後ろには影があるように、物事は全て表裏一体と捉えた方がいい。

 良い出来事、悪い出来事という考え方は人間だけが考える出来事。そこに善悪の感情を抜いて考えると、人生楽に考えられます。

 悪いことは嫌なこと。

 これは感情の問題です。



 出来事で考えると、もう少し分かり安いかも知れない。

 お金を使うと何らかの得るものがあり、お金は無くなる。また働いてお金を稼ぎ、使うと無くなる。人生はこうした繰り返しになります。動物の世界も同じと言えます。生きる為に獲物を捕まえ食す。別の動物は木々に茂る実や果実を食す。実は世の中ってシンプルなんです。

 人間が利益を上げる為に複雑にしているだけで、本来人間はシンプルな考え方をすればよい訳です。人間が複雑な社会であるのは、そこに感情や思想があるから複雑になるということになります。



 法則等の大半はは統計学で説明がつきます。

 風水等の根本は統計学と言われています。

 家具や身につけるもの等を工夫することで「運気」をよい方向に導くという考え方が風水になります。簡単に説明すると、長い時間をかけて人間の行動や環境を分析し、蓄積されたデータを元に、運気という目に見えないものをみようとするツールに過ぎません。

 大金持ちが身に付けている物や、ライフスタイルを調べているだけに過ぎない。しかし風水を知らずとも大金持ちになっている人は、それなりの法則を知らないうちにやってしまっている確立が高いという訳になります。

 いくら金持ちの真似をしても、根本的なことを知らないといつまでたってお金持ちにはなれない。

お金持ちと貧乏人を分ける決定的な思考の差

 中々面白い記事です。

 世界一のお金持ちであるビルゲイツの言葉で面白い言葉がある。

 「最初から我々の目的は「すべての机と、すべての家庭にコンピューターを」

 というとてもシンプルな目標だったのです。

 ビルゲイツはあまりお金に興味がないそうです。

 お金と仕事とどちらかを選べと言われたら、迷わず仕事を選ぶと答えたそうです。

 ビジネスが楽しいのでしょう。

 本来のお金は金でした。つまりゴールドです。あるいは同等の物、例えばコップと同価値の食料等です。物々交換がお金の代わりをしていました。

 お金とは何ぞやと考えてみると債券と債務の記録に過ぎないのです。

【三橋貴明】お金の話

 ここにも正負の法則が存在しています。

 お金は債務と債券の記録ということを前提に考えると、債券が記録された時点で、お金が創出され、お金という債券があった場合反対側で必ず債務者が存在するということになります。

UPDATE 2-米金融・債券市場=国債利回り低下、トランプ政権の成長策詳細不明



(ライターFT)

運は絶対に必要!


 前回から。

 お金は債務と債券の記録ということを前提に考えると、債券が記録された時点で、お金が創出され、お金という債券があった場合反対側で必ず債務者が存在するということになります。

 誰かの財布からお金が無くなり、他の誰かの財布にお金が入る。

 これを日本の借金の問題に置き換えてみます。

 日本の借金1000兆円を超えたという報道がされています。

 日本政府が負債(債務)を増やした時に反対側にある財布に同額のお金が入ります。日本の場合、これは対外純資産国になる為、お金を出した人(債権者)は国民ということになります。



 海外、ギリシャ等の場合は対外純資産ではない為、ドイツやフランス等のEU諸国からお金を借りていたために資産としてドイツやフランス等のEU諸国の資産が殖えるということになります。日本の場合はギリシャと違い、お金を出しているのは日本国民なので日本人の資産が増えるということになります。

 ここが日本とギリシャの違いということになります。

 さて、もし借りたお金を返せないということになるとどうなるのでしょう。

 法律では破産ということが可能になります。国単位で考えるとデフォルトということになります。債務と債権の記録を一旦破棄するということになります。

 個人の場合でいうなら自己破産です。

 破産をすると裁判所で免責といい、お金を返済する責任を逃れることが法律で認められています。破産という言葉を聞くと、人生の終わりのようなイメージがありますが、実はそうではなく、リセット出来るということになります。もちろんそれなりの制約やデメリットもあります。破産してすぐにお金を借りることは出来ませんし、新たに起業する人は資金を集めることには苦労するでしょう。

 アメリカ大統領のトランプさんは4回も破産しています。



 それでもうなるほどのお金を儲け、アメリカの大統領にまでなってます。

 トランプは強運の持ち主なのでしょうか?

 強運の持ち主なのです。

 しかし強運だけでなく、彼はそれなりの計算や行動を常にしています。強運を引き寄せるのは計算と行動が基本になります。

 世界の誰もがトランプは負けるだろうと考えていたと思います。

 しかし彼は予想とは反し、見事にアメリカという大国の大統領になっています。

 運を引き寄せる為には大きな一歩ではなく、出来ることから始める積み重ねが大事ではないでしょうか?



 元々、トランプはお金持ちの家庭に生まれた強運の持ち主、だけでどんなにお金持ちでも行動しないと地位も名声もお金もついてこないでしょう。

 良い運を引き寄せる為には、小さな行動から 始めることです。

 一番最初にすることは、ポジティブな考え方をすることから初めてみましょう。

 何でもかんでも暗く考えるのではなく、暗く考えてしまったら必ず反対のことがあるはずです。

 就職の試験に落ちたらどうしよう?

 と考えたら、就職で採用されたらどうしよう?と反対の明るいことを考える。

 どちらがその先を予想することが容易いですか?

 その先を予測しやすいのはポジティブな方が予測しやすいですね。

 以前、脳をコントロールすることをデイリーSKINで書きましたが、脳は必ず相反することを想像させ、行動にブレーキをかけてきます。これがないと人間は死に繋がる恐れがある為、無意識に防御策としてこうした考えが起こってしまいます。エミールクーエの法則という「意思の力で努力すればするほど意思による努力とは正反対の結果が出てしまう」という法則です。



脳みそをコントロールしたい!2でエミールクーエの法則が詳しく書いてます。

 自分の考えではなく無意識下で起こってしまい、自分の行動に抑制がかかるということです。努力だけでは報われないという脳の根本にある作用です。

 強運を引き寄せようとすればするほど、運は逃げ、自分の考え方に寄り行動が抑制され、行動が出来なくなってしまい結果、運を逃してしまうということになります。

 なりたい自分をリラックスし想像することで、無理なく運を引き寄せられるということを知るべきではないでしょうか?


タイトルとURLをコピーしました