運気とタイミングと気持ちの問題

運のいい人はタイミングがいい! 入籍、引っ越し、新製品の発表…「重大なこと」をする最適な日がわかる、“タイムディレクション”とは?



(ライターFT)

運気とタイミングと気持ちの問題


 先日からの続きになります。

 5年程前、私はある事情があり友人の家に転がり込んでいました。かっこいい言い方をすればルームシェアさせて貰っていました。家賃が払えなくなった私を友人は受け入れてくれたのです。喰うにも困っていた時だったので、有り難かったです。

 そしてついこの間、ある人物を介して、福祉関係の事業所を立ち上げる人を紹介されました。女性の方なんですが、新しい事業を始めるにあたりお手伝いしてくれる人を捜していたそうで、本当にたまたま私が紹介されました。私も知っていることはもちろん、その人が事業所を無事に立ち上げられるように現在も色々とお手伝いしています。


 前回までのお話。



 実はこの女性、25年前に友人が住んでいたマンションでルームシェアしていた時のオーナーさんの娘さんだったのです。

 そのマンションの1階にはお弁当屋さんが入ってたのですが、当時、高校生だった娘さんはそのお弁当屋さんでアルバイトしていたらしいのです。当時の私はお尻までの長髪野郎でした。そうした特徴を彼女に話したら、「よく覚えています」ということだった。

 新しい事業を立ち上げるということで、チラシやパンフレットの見直しや、地域での理解の得方やマーケティング等のやり方を現在も教えており、とてもいい関係が出来ています。お互いに奇跡ってあるんですね、なんてことを話しております。



 リチャード•ワイズマンによると、運を引き寄せるには「幸運は心がけ次第」ということを忘れてはいけませんね。

 心がけのお話として、興味深い美輪明宏の「正負の法則」という考え方があります。とてもシンプルで分かりやすい法則と言えます。

 人生にはいいことも悪いことも起こるもの

 という考え方です。

 人生にはいい時があれば、そうではない時もある。そんな時は

 「頭を低くして嵐が通り過ぎるのを待ちなさい」

 という人生経験豊富でな美輪明宏が悟りの境地のような言葉を教えてくれています。

 リチャード•ワイズマンの「幸運は心がけ次第」という法則と、三輪さんの「正負の法則」を考えてみましょう。どんなに運のいい人でも辛いことや悲しいことは平等に訪れるとしたら?



 辛い時に「負の先払いをしている」と考えた方がいい。

 リチャード•ワイズマンの「幸運は心がけ次第」、そのものの考え方ではないでしょうか?

 努力を辛いと思いながらするのであれば、その先には努力が報われると考えた方がいい。でも人生って往々にして報われない努力もあるのです。その努力が報われなくても、別の幸せが必ず舞い込んでくるはずです。

 冷静に感情をコントロールし、どんなことがあっても考え方で自分をコントロールし、暗い気持ちの時にこそ、発想の転換をし心にゆとりを持ちたいですね。

 三輪さんは「自分自身の微笑みが武器になる」と言っています。

 まさにその通りと感じています。

 運気を上げるには微笑むことが大切。
 
タイトルとURLをコピーしました