運気を上げて充実したライフスタイルを作る

「幸運な人」を10年間研究した心理学者が気づいたこと



(ライターFT)

運気を上げて充実したライフスタイルを作る


 イギリスの心理学者でリチャード・ワイズマンという人が運について研究した。運のいい人にはある法則が存在するようです。運のいい人と悪い人の4つの違い。

1.運のいい人はいつも偶然のチャンスに巡り合うが、悪い人はそんな経験がほとんどない。


2.運のいい人は理由が分からないまま正しい選択をしている。悪い人の選択は失敗に終わる。


3.運のいい人の夢や目標は不思議なくらい実現する。悪い人の夢や目標ははかない空想と同じ。


4.運のいい人は不運を幸運に変える力がある。悪い人はその力はなく不運が混乱と破滅をもたらす。


 運のいい人はそれなりの行動をしている。行動的でチャンスが訪れる出来事が多い。そして直感を信じ行動している。無意識に正しい選択をしており、自分の人生を常にポジティブに考えている。そして不運を不運と思っていない傾向が強い。

 誰もが幸運を望んでいます。

 強運の持ち主はとにかくポジティヴで自信家が多いという統計となっています。自分を信じる人はそれなりの強運の持ち主。

 リチャード・ワイズマンによると「幸運とは心がけ次第」という結果になっている。



 以外に幸運をつかむには簡単な4つの方法を使うことで、人生そのものが楽しくなるのであれば、今日から実践してみましょう。

 先日、こんなことがありました。

 25年程前、私はある事情があり友人の家に転がり込んでいました。かっこいい言い方をすればルームシェアさせて貰っていました。家賃が払えなくなった私を友人は受け入れてくれたのです。喰うにも困っていた時だったので、有り難かったです。

 そしてついこの間、ある人物を介して、福祉関係の事業所を立ち上げる人を紹介されました。女性の方なんですが、新しい事業を始めるにあたりお手伝いしてくれる人を捜していたそうで、本当にたまたま私が紹介されました。私も知っていることはもちろん、その人が事業所を無事に立ち上げられるように現在も色々とお手伝いしています。

 その方との出会いを私は奇跡と考えています。

 続きは明日。
タイトルとURLをコピーしました