美しさを考える まとめ

プロカメラマンからみた、大人の女性の美しさとは?



(ライターFT)

美しさを考える


 美しい女性、男性って素敵ですね。

 美しさの定義は個人の趣味や感性、国によっても美の意識派異なります。動物の世界で美しいという感情はあるのでしょうか?人間には悲しみ、幸福、軽蔑、嫌悪、驚き、恐怖、怒りという7つの感情が存在します。「美しい」という感情については「幸福」の中にカテゴライズされていると思われます。



 犬の感情で考えてみると、飼い主を見つけた犬がしっぽを降り感情表現します。

 絵を描く象がいたり、チンパンンジーに至ってはハグするチンパンジーも存在します。



 3歳くらいのお子さんがキレイなものを見たらキレイというように、人間の本能の中に美しいと感じる感情が元々あるのかも知れません。動物の世界では単純に子孫を残す為だけに、目立つ行動や模様が身体にあり進化してきたという考え方があります。

 子孫を残す為に必要な事は強さであったり、美しさが必要になることは必然ではないかということです。人間は子孫を残すため、本能的に美しさを求めているという事になります。



 人間は美しさを求めるべきだともいえるかも知れません。

 では美しさの基準を考えてみましょう。美しさの基準については時代や背景にでの変化してきます。個人的な嗜好でも美しさの基準は異なります。コスロリファッションに身を包む女性達はそのニッチなファッションの中で美しさを競います。ゴスロリというジャンルの中で個性を見いだし自分流の美しさ、美学を追求しています。ゴスロリを例に出しましたが、ゴスロリファッションをすることで、子孫繁栄に繋がるのかと考えたとき、疑問点が浮かび上がります。

 ゴスロリファッションが好きな男性がいるのかということです。



 ゴスロリはモテないファッションNo1だというアンケート調査なんかも存在します。別にゴスロリファッションを否定はしていませんが、こうしたアンケートの中で「家ではいいけど外ではして欲しくない」という意見があったりします。個人的にはゴスロリファッションに身を包んでいる女性が街をあるいていると必ず目で追ってしまいます。これは完全に注目させるという点では子孫繁栄のとっかかりには的を得ていると言えるのではないのか?

 こうした意味でも突飛なファッションであるゴスロリは子孫繁栄の一旦を担っていると考えても不思議ではないような気がしています。



 ちなみに男性が女性に着てもらいたいファッションジャンル1位はCan Can系ファッションということです。ゴスロリのような姫系ファッションを好む男性も少数派としている。何も不思議な事でもなく、個性を重視したい嗜好の男性は少数派のゴスロリファッションの女性に惹かれるという事になります。Can Can系ファッションを好む男性については、一般的な美しさ(平均的)を求めているという事になります。

 女性も男性のファッションについて好みがあります。

優雅で柔和で、ほどよくスパイシー


(ライターFT)

美しさを考える2


 見た目が美しい男女と美しくない男女ではどちらが得かというと美しい男女の方が断然お得なんです。あるTV番組でアルバイト面接で3流大学のイケメンと高学歴のブサメン、どっちが採用されるかという実験をしていました。結果は見事に3流大学のイケメンが採用という結果になりました。

 大体、人は見た目で判断されます。



 暗い表情をした人より、明るい表情をした人の方が得をします。

 そう、世の中は不公平なんです。

 でもブサイクな人でも清潔感やある程度の品を持ち合わせていれば、イケメンにだって簡単に負けません。世の中の大多数の人がイケメン、美女であるなんてありえません。イケメンや美女はそれなりにキレイにする事を楽しみながらしています。これを努力ととるのか、楽しんでいるととるかは自分次第です。

 美しさなんてそれなりのことをすればどうにかなるものです。

 ではブサイクと呼ばれている人達は美しくなる勉強をすべきなのです。

 人を見た目で判断するなとよく言われますが、大体の人は人を見た目で判断しています。これは本能だから仕方ない事なのです。

 警官に質問されたら大体の人が警官の話を聞こうとしますが、警官が制服を着ていない場合、誰が私服の普通の人の話を聞くでしょうか?服装一つで人間は権力やその他の情報を見た目で判断しているということです。どんなに偉い人でもホームレスのような出立ちだったら誰もその人の言う事をきかないでしょう。

 単純に美しく産まれた人でも内面を磨かないと芯からの美しさには及ばないと思っています。

 アメリカの心理学者、アルバート•メラビアンによる「対人態度の決定要因の研究法則」というののがあり、その法則によると好印象を決める要因として、表情6割、話し方3割、話す内容1割とされています。よほどつまらない内容のお話であっても表情と話し方を研究すれば好印象を与えられるという事になります。

メラビアンの法則

 メラビアンの法則によれば、視覚と聴覚が9割を占めているということになります。但し、どちらとも取れる回答を受けた場合にこの法則は成り立ちます。自己啓発セミナー等ではこのメラビアンの法則を端的に「人は見た目が9割」と捉え、誤解を招いているのも事実です。結婚式のスピーチ等の言葉が7%しか聴いている人に入ってこないという訳ではありません。

 単純にこうした知識を把握している事で、それなりの展開が開けてくることは間違いないという事になります。

 デザインの世界にしても同じです。

 デザインの世界にも黄金費(ゴールデンルール)が存在します。



 数学的な比率を元にデザインを考え美しさを考えると、人はそのデザインに惹かれてしまうという事実になります。

 単純に1.618という比率があり、その比率に添って考えられたデザインは私達の生活の中でもすぐ側にあります。美しく調和の取れた比率であり割合となります。



 
もう調べた?自分の顔の黄金比を簡単チェック!
 美しさを少し気にするだけで人生が大きく変わる可能性があるという事になります。


職業と外見の関係から「魅力」を探る(上) 職業プロトタイプ



(ライターFT)

美しさを考える3


 人は見た目で判断されるということをお話してきました。

 意識的に判断しているのではなく、誰もが無意識に判断しているということが驚きますね。これは何も人間だけでなく動物や植物でも同じ事なんです。例えばスーパーでフルーツを買う時に奇麗な見た目のものを無意識に選んでいるのと同じです。私達の世界では、美しくて当たり前の世界になっているということです。



 医学が進歩していない時代、病気かどうかを判断するのは、患者の表情等です。その表情が元気が無い、匂いなどを基本に判断されていました。

 人の本能としての美の追求、それは子孫繁栄という根底にある生への本能になります。魅力的な異性を得る為に男性も女性も美しさを追求します。優秀な遺伝子を残したいという本能です。



 赤ちゃんが可愛いと感じるのは、母からの擁護が必要だからです。赤ちゃんの匂いって何ともいえないいい匂いがします。誰もが赤ちゃんの可愛さや匂いや振る舞いに魅了され、無条件で可愛いと感じてしまいます。

 誰もが美しさを求めるのは人間の本能、女性が美しさを求めるのも本応ということ。

 女性が男性の事を

 「生理的に無理」



 と判断する基準についてですが

 実はこうした現象、女性の本能によるものだと言われています。

 男性の場合、単純に美しい見た目の女性に目がいってしまいがちです。



 女性でよくあるのが、美女と野獣カップルです。これは女性が男性の本能的な部分を求めているからということになります。動物的魅力を女性は求めているということになります。



 女性の深層心理から考えると、本能的な魅力を持つ男性に女性は無意識に惹かれます。学生の時にスポーツが出来る男子がモテていたと思いますが、これは身体能力の高い雄は多くの獲物を持って帰る事が出来ました。女性は男性より身体的能力が低く、生きる為には身体能力の高い雄が必要になります。現在でもスポーツマンがモテるのはこうした深層心理にある本能がそうさせている為です。

 美しくて強い男性がモテるのは当たり前のことですが、こうした事を踏まえ美しさに磨きをかけていきたいものです。
タイトルとURLをコピーしました