美しさを考える

プロカメラマンからみた、大人の女性の美しさとは?



(ライターFT)

美しさを考える


 美しい女性、男性って素敵ですね。

 美しさの定義は個人の趣味や感性、国によっても美の意識派異なります。動物の世界で美しいという感情はあるのでしょうか?人間には悲しみ、幸福、軽蔑、嫌悪、驚き、恐怖、怒りという7つの感情が存在します。「美しい」という感情については「幸福」の中にカテゴライズされていると思われます。



 犬の感情で考えてみると、飼い主を見つけた犬がしっぽを降り感情表現します。

 絵を描く象がいたり、チンパンンジーに至ってはハグするチンパンジーも存在します。



 3歳くらいのお子さんがキレイなものを見たらキレイというように、人間の本能の中に美しいと感じる感情が元々あるのかも知れません。動物の世界では単純に子孫を残す為だけに、目立つ行動や模様が身体にあり進化してきたという考え方があります。

 子孫を残す為に必要な事は強さであったり、美しさが必要になることは必然ではないかということです。人間は子孫を残すため、本能的に美しさを求めているという事になります。



 人間は美しさを求めるべきだともいえるかも知れません。

 では美しさの基準を考えてみましょう。美しさの基準については時代や背景にでの変化してきます。個人的な嗜好でも美しさの基準は異なります。コスロリファッションに身を包む女性達はそのニッチなファッションの中で美しさを競います。ゴスロリというジャンルの中で個性を見いだし自分流の美しさ、美学を追求しています。ゴスロリを例に出しましたが、ゴスロリファッションをすることで、子孫繁栄に繋がるのかと考えたとき、疑問点が浮かび上がります。

 ゴスロリファッションが好きな男性がいるのかということです。



 ゴスロリはモテないファッションNo1だというアンケート調査なんかも存在します。別にゴスロリファッションを否定はしていませんが、こうしたアンケートの中で「家ではいいけど外ではして欲しくない」という意見があったりします。個人的にはゴスロリファッションに身を包んでいる女性が街をあるいていると必ず目で追ってしまいます。これは完全に注目させるという点では子孫繁栄のとっかかりには的を得ていると言えるのではないのか?

 こうした意味でも突飛なファッションであるゴスロリは子孫繁栄の一旦を担っていると考えても不思議ではないような気がしています。



 ちなみに男性が女性に着てもらいたいファッションジャンル1位はCan Can系ファッションということです。ゴスロリのような姫系ファッションを好む男性も少数派としている。何も不思議な事でもなく、個性を重視したい嗜好の男性は少数派のゴスロリファッションの女性に惹かれるという事になります。Can Can系ファッションを好む男性については、一般的な美しさ(平均的)を求めているという事になります。

 女性も男性のファッションについて好みがあります。
タイトルとURLをコピーしました