AIの進化はどこまで進んでいるのか、2001年宇宙の旅から学ぶ

いま、世界の大企業は「AI人材」を食い尽くそうとしている



(ライターFT)

AIの進化はどこまで進んでいるのか、2001年宇宙の旅から学ぶ


 すでにしんかしつつあるAIですが、AIによる詐欺事件まで発生する可能性があるそうです。自動運転などの技術も進化しているそうですが、アメリカではAIによる死亡事故まで発生しているとか。この事件については自動運転中の車両の中で運転手はDVD観賞中だったらしく、この事件をみるだけではAIもまだまだ発展途上という訳です。もう少しいえば、この事件は自動運転に搭載されているセンサーが反射に寄り前方の車を認識出来なかったという事になります。AIではなくセンサーの問題ということになります。



 すでに碁やオセロ、将棋等は人間越えを果たしています。

 「2001年宇宙の旅」というSF映画がありますが、この映画に出てくるAIはHAL9000というAIになります。



 この映画、実はとても難解で哲学的な映画です。監督はスタンリー•キューブリックなのですが、中でも難解な作品だと思います。この映画の面白いと所は、AIのHAL9000が人間の命を受けて人間を裏切るという所かも知れません。

 矛盾点を持たせたAIはどう考えるかというのがこの映画を難解にさせている一つ、難解ではありますが面白いのですが、このHAK9000の矛盾はこれから私達が迎えるAI時代の問題点を1968年にこの映画の作者とキューブリック監督は問うていました。



 この映画のもう一つのキーポイントは「モノリス」という300万年前に高度な文明によって作られた人工物質になります。映画はこの人工物である「モノリス」探査の為に宇宙船ディスカバリー号にAIであるHAK9000を搭載しています。

 間違った事をしないAIが間違った命令を受け、悩む姿は何ともいえない。

 HAL9000の死は電源をOffにされること。死を迎えない為に人間を殺す選択をしたのか思い悩んだHAL9000は精神的におかしくなってしまう。(故障ともいう)

 続く
タイトルとURLをコピーしました