40歳オーバーの結婚について考えてみたい。昔ながらのお見合いを復活させよう! まとめ

2016年最も面白い「ドラマ」ランキング
 

 
(ライターFT)

40歳オーバーの結婚について考えてみたい。昔ながらのお見合いを復活させよう!


 ランキングを見ると「とと姉ちゃん」が一番人気、でも見た事無いんです。2位の「逃げるは恥だが役に立つ」は思わずハマってしまいましたが、見ていてヒラマサさんにイライラしています(笑


今までまだ一度も結婚していない率、未婚率は?より抜粋 

 ドラマを観て思ったのですが、結婚にあまり憧れを抱いていない若い人達が人達がそこそこいるみたいですね。1995年と2010年のデータを見るとかなり上がっているのだけど、年齢を重ねれば重ねる程、結婚率は悪くなっている。

 ある結婚相談所で結婚しない理由を調べてみると、20代~30代では、「適当な相手に巡り会えなかった」という理由が約半数。

 後半分は、色んな理由になるのですが、お金を自由に使えないや、自由や気楽さを失いたくないという等が挙げられています。



 給料が下がり、正社員が減り、男性は給料が下がってしまいました。一方女性も一人で生きていく事を決意した女性も多く、個人所得が下がるにつれ、女性の価値観も変化していっているのでしょう。

 お見合い制度が完全に崩壊し、お見合いに代わり、結婚相談所が増えています。結婚相談所も費用面で言えばかなり敷居が高い。これがお見合いならタダでお見合いの費用は男性持ちというだけで、結婚相談所のように高い料金を払わなくても良かったんですね。



 結婚相談所の料金ですが、大体どこも入会金が10万円~、月会費は13000円~20000円くらいで成婚料といい、結婚が成立したら5万円を結婚相談所に支払うというシステムが多いです。年間25万円~50万円と結婚相談所によっても料金は統一はされていません。

 何でもお金で解決出来るのはとっても便利だと思いますが、お金が無いと前に進まないというのも問題ですね。

 ネットを見ていると「40代の女性は市場価値マイナス」なんて辛辣な事を書いているサイトまであります。絶対にそんな事はありません。40代の女性ほど、これからが楽しい人生を送るには丁度いい年齢になります。人生の酸いも甘いも経験して来た女性ほど美しく洗練された品位を感じます。もちろん中には変な人もいますが(笑


昔ながらの仲人式「お見合い」ってどんなの?
 

 
(ライターFT)

40歳オーバーの結婚について考えてみたい。昔ながらのお見合いを復活させよう!2


 仲人さんという存在があります。

 大体、親戚の面倒見のいい人が仲人さんに多い。昭和30年代前半までは恋愛結婚よりお見合い結婚の方が多かったそうです。仲人さんには謝礼も直接現金で支払いをします。私もどれくらい支払えば良いのか分かりませんが、3万円くらい包めば良いのかも。



 現在は仲人さんもシステム化されているようですが、結婚相談所になっています。

 ネットでお見合いと検索すると、結婚相談所のオンパレード。出会い系の身元がしっかりしたバージョになっているような気がします。現在のお見合いは完全に結婚相談所が園役割を引き継いでいるようです。

 しかし実際に少ないですが、仲人さんによるお見合いも存在します。



 知り合いの、お見合いを経験した女性に直接お話を聞いた事があります。その人は現在、恋愛結婚し幸せに暮らしていますが、20年くらい前のお話なのですが、同級生の保険のおばちゃんが、「私の顔を立てるつもりで一度」と言われお見合いに望んだそうです。

 かなりヤバい感じの超真面目さんがお見合いに登場、その方は軽いのりで行ったらしいのですが、保険の仲人のおばちゃんだけでなく、自分の母と、お見合い相手の両親がお見合い現場に登場してびっくりしたらしいです。残年ながらこのお見合いは不成立だったそうで、お付き合いまではいきませんでした。その女性はその後恋愛結婚し、現在は幸せに暮らしていますが、「一度は経験しておくのもいいかもね」、なんて事を言っておりました。


※ヒラマサさんのようなチェリーボーイは多いかも!

 女性は特にお見合い相手になる男性のスペックが気になる所でしょう。

 恋愛と違うのは、男性のスペックを十分知り得た上で、お付き合い出来るという利点があります。

 どんな出会いでも、お互いが納得出来るのならお見合いだろうが恋愛だろうが構わないと思いますが、最初から相手のスペックが分かる尾見愛というのは一度は経験してもいいかも知れません。

 特に女性の皆さん、結婚相談所でなくても、近所のおばさんがお見合い話を持って来た時は、おばさんの顔を立ててあげるつもりでお見合いを経験してもいいかも知れません。もしかしたら玉の輿に乗れるかもですね(笑

 
タイトルとURLをコピーしました