カジノ法案と大麻取締法の矛盾点、政治家っておかしいね

日本のカジノ法案に世界が注目、業界関係者が日本への大規模投資を検討―米メディア
 


 
(ライターFT)

カジノ法案と大麻取締法の矛盾点、政治家っておかしいね




 まず、日本の法律では刑法185条、185条が禁じる賭博行為という矛盾点が出てきます。

 法律の解釈の仕方を、あーでもない、こーでもないと言って賛成多数で2016年12/2に自民党、日本維新の党らの賛成多数で可決されたようです。今国会で可決、成立する公算が大きくなっている。



 法律で賭博は禁止とされているにも関わらず、この法案は外国で公営カジノがあるからという理由だろう。すでに競馬や競輪、パチンコ、競艇などの俗にいう博打は日本でも公然と行われている。

 ここで少し、はて?と思う事があります。



 刑法185条では「賭博をした者は50万円以上の罰金、又は科料に処する。ただし一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りではない。」という条文となる。

 完全にしてはいけないけど、ちょっとならいいよっていう法律ですね。実刑もありません。これは単純賭博罪という罪で、常習賭博罪というのがあり、こちらの罪はかなり重い。

 こうした法律の定義でカジノ法を考えると、完全に常習賭博罪にあたるのではないでしょうか?

 「ただし一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるとき」



 これはタバコやお菓子なんかを賭けるくらいならという事になります。

 パチンコの場合、玉を文鎮なんかに交換してからお金に返金するという流れになりますね。お金をかける事は法的にアウトになるという事です。

 言い換えれば、野球賭博等も当てたらまずは文鎮なんかに買えて返金すれば問題ないという事になります。

 賭博というのは自分の財産を賭けて行う事を指しますので、今月の生活費や全財産全てを賭けてしまうという身の破滅に陥る行為まで及ぶ可能性があるから法律で定めたはずです。

 カジノって基本的に大金を賭け、身の破滅を起こす可能性も大きいですね。

 私、個人的には何の問題もありません。

 博打をしないからです。

 だからといって、博打にハマらないという保証なんて全くありません。

 カジノの晴れやかな世界に魅せられ、ハマるかも知れません。これにハマると最悪な状況になると思いますが。

 法律で禁止されている事を法律で合法にしたいという流れについては、誰かの利益が絡んでいます。経済的な発展や、観光などの発展なんて正統な理由をつけていますが、そんなのはいい訳です。法案を通し、カジノを運営する側、政治家、その関係者に恩恵があるからです。

 明日も続く。
タイトルとURLをコピーしました