2017年からの予測と対策を行い、未来をよりよいものにしたいと願おう!2020年以降の未来と技術の進化を邪魔する要素

NRI未来年表

 若者達に元気が無いような気がする。未来というのは若者達にかかっている。

(ライターFT)

2017年からの予測と対策を行い、未来をよりよいものにしたいと願おう!2020年以降の未来と技術の進化を邪魔する要素




 法整備と若者のSEX離れ、未来における社会の仕組みや、人間の心理的な変化は自然の流れかも知れない。社会の変化に関しても人為的な面と自然の流れが存在する。富める者が富む社会であることは間違いなく、ここは法整備で富の分配を考えていかなければいけないと思います。

 技術の進歩についてですが、誰かが革新的な技術の進歩を止めている可能性もあります。ここでよく言われているのが陰謀論です。



 ガンは完治する病だったら?

『90%以上のガンは数週間のうちに完治』
ガンを治すのに、手術も 放射線治療も 化学療法も 必要ない

 ガンは完治する病だったら?

 ガソリンを燃料としない車が世界中に普及したら?

 誰が困るのでしょう?



 水を燃料としては知る車は開発され、成功していました。しかも公害を出さずに走るまさに夢のような車です。こんな究極のエコカーが発売されたら、自動車だけでなく石油利権を含める産業は壊滅的な状態になります。事実、水で走る車を開発した人物は毒殺されているという非常に分かりやすい人間の抹殺を行っています。しかも開発された車まで盗まれるという分かりやすい展開となっています。

 こんな話は沢山あるのです。報道されないだけでネットが普及しだし、ようやく一部の人が気付き、Web上に真実を挙げだしたのです。でもほとんどの人が信じていない、もしくは殺されたくない為に誰も何も言わないという図式が成り立っています。

 STAP細胞だっておかしいと思いません?



 未だにSTAP細胞があっただの、本当の所は無かっただの未だ、ネット上ではある、ない、肯定、否定が反乱し、何が本当か分からなくされている。真実は1つで、情報を支配する為に躍起になっている何者かが確実に存在する。

 STAP細胞開発関係者が自殺していたり、死人が出るというは明らかに変だ。

 陰謀というのは確かに存在するのかも知れない。



 本当なら、50年前に手塚治虫が鉄腕アトムで描いた未来が現在、ここにあったかも知れない。進んだ科学技術、美しく整備された街並、そこには貧困等無く、格差もない社会が存在していた。人間が想像していた未来よりかなり遅れている原因は富の集中を企む誰か、という事になる(笑

 2016年10月後半、手塚治虫が描いた世界では、車にタイヤがなく、宙に浮いて走る車が普及しているはずなのにね(笑
タイトルとURLをコピーしました