大麻の非犯罪化を考える。人間らしく生きる為に必要な大麻

日本で“マリファナ”が合法になってもいい「5つの理由」


 10/15、ケミカルブラザーズが来日し、盛り上がってました。久しぶりに素敵な空間に触れる事が出来ました。



 ちなみに本日の話題とは、無関係です。


(ライターFT)

大麻の非犯罪化を考える。内因性カンナビノイドは体内でも作られている。




 大麻のトリップするメカニズムの中に「カンナビノイド」という成分があります。

 これは主に大麻のトビの成分、トリップという言葉が使われます。そのトビの成分の中で代表的な成分がTHC(テトラヒドラカナビノール)という成分になります。

 このTHC(テトラヒドラカナビノール)は精神に変調をもたらします。お酒で言えば酔いと似ています。主に多幸感、鎮痛、幻覚等の精神変調があると言われていますが、幻覚作用についてはどこまでが本当かという所で、大麻を吸引し、実際に幻覚を体験する人は少ないと言われています。

 ガン患者が抗がん剤を使用し、一番辛いのが食事が美味しく感じないという副作用になります。大麻、すなわちマリファナを吸引すると、こうした抗がん剤の副作用が減少出来る効果があるという事になります。



 大麻(マリファナ)を吸引する事で、もう一つの大きな効果としてリラックス出来る効果が期待出来ます。過度のストレスを感じている人は、大麻(マリファナ)を吸引している時、多幸感と虚脱感が同時に訪れるそうです。

 人間にはストレスを回避するため、脳内麻薬と呼ばれる物資を分泌させます。

 脳内麻薬と言われている物質は、エンドルフィンやドーパミン、アドレナリン等と言われている脳内で分泌される物質です。エンドルフィンはマラソンランナーが感じるランナーズハイの時に脳内に分泌されている物質で、過度のストレスを感じた時に症状を緩和するために分泌されています。マラソンでこうしたエンドルフィンが脳内で分泌される背景としては、これ以上は危険という側面を持っています。



 これ以上、エンドルフィンが分泌されると、死にますよというシグナルでもあるのです。

 大きなストレスを感じる時、そのストレスを緩和する為にそのような物質が体内で分泌され、生きていくことが可能になります。

 うつになる人の多くはこの脳内に分泌される物質がうまく機能していないというのが大きな原因となります。

 うつにしても脳内麻薬が分泌されなくなると、危険ですというシグナルとなります。

 さて、脳内麻薬というのはこれらの物質だけではなく、内因性カンナビノイドという大麻の多幸感を引き起こす成分に似た物質が体内でも作られています。



 人間の脳内にはカンナビノイド受容体というモノが存在し、元々人間は大麻(アリファな)を受け入れる事が可能な体だと言う事になります。大麻(マリファナ)を摂取することで得られる多幸感や不安の軽減等は元々人間がTHC(テトラヒドロカナビノール)を受け入れれる体だったという事になります。

内因性カンナビノイドによる逆行性シナプス伝達調節のメカニズム


 ここ10年でカナビノールの研究が進んできました。

 外部からの強いストレス、老化によりカンナビノイド欠乏症となる事が分かりました。つまり元々人間が持っていた内因性カンナビノイドはストレスや加齢、老化を緩和させる為に存在するものだと言う事が分かったのです。

 カンナビノイド欠乏症になると、色んな病気を引き起こしやすいという事が、近年のカンナビノイド研究で判明しました。


日本で“マリファナ”が合法になってもいい「5つの理由」


 10/15、ケミカルブラザーズが来日し、盛り上がってました。久しぶりに素敵な空間に触れる事が出来ました。



 ちなみに本日の話題とは、無関係です。


(ライターFT)

大麻の非犯罪化を考える。内因性カンナビノイドは体内でも作られている。




 大麻のトリップするメカニズムの中に「カンナビノイド」という成分があります。

 これは主に大麻のトビの成分、トリップという言葉が使われます。そのトビの成分の中で代表的な成分がTHC(テトラヒドラカナビノール)という成分になります。

 このTHC(テトラヒドラカナビノール)は精神に変調をもたらします。お酒で言えば酔いと似ています。主に多幸感、鎮痛、幻覚等の精神変調があると言われていますが、幻覚作用についてはどこまでが本当かという所で、大麻を吸引し、実際に幻覚を体験する人は少ないと言われています。

 ガン患者が抗がん剤を使用し、一番辛いのが食事が美味しく感じないという副作用になります。大麻、すなわちマリファナを吸引すると、こうした抗がん剤の副作用が減少出来る効果があるという事になります。



 大麻(マリファナ)を吸引する事で、もう一つの大きな効果としてリラックス出来る効果が期待出来ます。過度のストレスを感じている人は、大麻(マリファナ)を吸引している時、多幸感と虚脱感が同時に訪れるそうです。

 人間にはストレスを回避するため、脳内麻薬と呼ばれる物資を分泌させます。

 脳内麻薬と言われている物質は、エンドルフィンやドーパミン、アドレナリン等と言われている脳内で分泌される物質です。エンドルフィンはマラソンランナーが感じるランナーズハイの時に脳内に分泌されている物質で、過度のストレスを感じた時に症状を緩和するために分泌されています。マラソンでこうしたエンドルフィンが脳内で分泌される背景としては、これ以上は危険という側面を持っています。



 これ以上、エンドルフィンが分泌されると、死にますよというシグナルでもあるのです。

 大きなストレスを感じる時、そのストレスを緩和する為にそのような物質が体内で分泌され、生きていくことが可能になります。

 うつになる人の多くはこの脳内に分泌される物質がうまく機能していないというのが大きな原因となります。

 うつにしても脳内麻薬が分泌されなくなると、危険ですというシグナルとなります。

 さて、脳内麻薬というのはこれらの物質だけではなく、内因性カンナビノイドという大麻の多幸感を引き起こす成分に似た物質が体内でも作られています。



 人間の脳内にはカンナビノイド受容体というモノが存在し、元々人間は大麻(アリファな)を受け入れる事が可能な体だと言う事になります。大麻(マリファナ)を摂取することで得られる多幸感や不安の軽減等は元々人間がTHC(テトラヒドロカナビノール)を受け入れれる体だったという事になります。

内因性カンナビノイドによる逆行性シナプス伝達調節のメカニズム


 ここ10年でカナビノールの研究が進んできました。

 外部からの強いストレス、老化によりカンナビノイド欠乏症となる事が分かりました。つまり元々人間が持っていた内因性カンナビノイドはストレスや加齢、老化を緩和させる為に存在するものだと言う事が分かったのです。

 カンナビノイド欠乏症になると、色んな病気を引き起こしやすいという事が、近年のカンナビノイド研究で判明しました。

 大麻=麻薬というのは情報操作されたこと。

 すぐに洗脳は解けません。まずは非犯罪化からしていかないといけませんね。

 大麻を吸引、もしくは摂取することで死ぬ人の命が延びたり、人間らしく生きれる(QOLの向上が出来る)のであれば日本も考え直さないといけませんね。
タイトルとURLをコピーしました