謎の生命体、ソマチットって何?まとめ

ソマチットの名付け親「ガストン・ネサン」
 
 生命の根源に迫る謎の生命体があったらしい(笑

 これがあればがんなんてもう怖くない。

(ライターFT)

謎の生命体、ソマチットって何?ガンも治る不思議の生命体




 フランス人のガストン•ネサンという人物は独学で微生物を研究していたそうです。子のガストン•ネサンという人物なのですが、生物学者さんのようです。1924年生まれの人手、人間の血液を観察していたらしいのですが、知り合いの技術者と協力し、当時では考えられないスコープ(顕微鏡)を開発します。

 当時の技術での光学顕微鏡というのは1000~1500倍が限界とされていたらしいのですが、ガストン•ネサンは3万倍の顕微鏡を作る事に成功したという所から始まります。

 現在の専門家の話によりますと、当時の技術で3万倍という顕微鏡はあり得ないというのが定説らしいです。 




 現在では電磁波を用いた顕微鏡が100万倍までの精度に上げる事が可能になったようですが、当時の光学顕微鏡では3万倍というのはとんでもないということだったようです。電磁波を使った顕微鏡の弱点は生きたままの形である微生物や細胞を確認する事が出来ないという弱点があったのです。体内で暴れていたウィルス等の病原菌が、止まったままの状態でしか確認出来ないという盲点がありました。

 ガストン•ネサンが考えたのは光学顕微鏡に拘ったのです。

 光学顕微鏡であれば生きた病原体を確認出来ると考えたのです。技術者と協力し、3万倍まで拡大可能な光学顕微鏡を開発する事に成功したのです。

 これをソマトスコープと名付けたのですが、以前から確認されていた微生物、当時は血液中にある不純物、つまりゴミと思われていた微生物が、ゴミではないと言う事が分かってきました。



 このゴミのような微生物の大きさは80nm、nmは1ミリの1000分の1という事になります。とにかく小さいという事です(笑

 ここで見つけた血液のゴミと思われていた微生物なんですが、実は違うという事を突き止めました。この微生物をソマチットと名付けたのです。


ちなみにこの彼女達はチボ•マット、ソマチットとは何の関係もありません。

 このソマチットですが、300℃の高温でも、5万レムの放射能でも塩酸の中でも死なないという非常に不思議な微生物だったのです。

 ガストン•ネサンはこの微生物を調べに調べまくり、ある仮説に辿り着きます。

 人間を含める全ての生命体の根源ではないか?

不死身で謎の超微小生命体”ソマチッド”を検証する
 
 生命の根源に迫る謎の生命体があったらしい(笑

 これがあればがんなんてもう怖くない。

(ライターFT)

謎の生命体、ソマチットって何?ガンも治る不思議の生命体 生命の根源?


 ソマチットと呼ばれる謎の生命体は人間の血液の中にいるだけではなく、人間以外の動物、植物にも存在するらしい。鉱物、空気中にも多くいるらしく、あるサイクルを持っているという話です。



 上記のサイクルはガストン•ネサンがソマチットを培養したときに発見したサイクルだと言われています。

 この謎の生命体を公表したガストン•ネサンはある薬を開発します。

 714Xという薬です。



 医学会ではこの714xを否定しています。ガンが治るという製薬会社の陰謀ではなく、医学会の認識の甘さです。714Xという薬にはソマチットは入っていないのです。簡単に言うと、免疫機能を向上させる薬になります。

 ソマチットはまだ完全に解明されていない。

 714Xにしてもガンが誰でも治る訳ではないということが記載されています。

 ソマチットを他のモノから取り入れても意味が無いという事をガストン•ネサンは訴えています。ソマチットという謎の生命体をどのように体内で活性化させて健康を維持するかということを訴えています。

 世間はガストン•ネサンに対し裁判まで起こし、闇に葬ろうとしました。

 我々はまずここに気がつかないとなりません。

 以下はガストン•ネサンが逮捕されたときの記載になります。

そして1989年5月ついに逮捕され、1ヶ月ほどの独房生活を強いられた後、6月下旬から裁判が始まった。この歴史に残る「ガストン・ネサン裁判」は、 一人の天才を終身刑に処すことで社会から完全に排除して、ネサンが残した実績を完璧に封印するために仕掛けられた裁判だったように思える。ところがその圧 力をはね返すかのように裁判の期日を決める審問のその日、裁判所の玄関には100人以上のデモ隊が集まって、連行されるネサンに大喝采を送った。彼らはネサンによってガンなどの難病から奇跡的に救われた人たちだった。
 その後デモ隊は手に手にプラカードを持って裁判所からホテルまでデモ行進し、ホテルでは「ガストン・ネサンを守る会」の第1回記者会見を開いた。そこで は世界各地から集まった人々がネサンに救われた体験を語り、「ネサンの正義」を訴えた。そして裁判が始まっていくが、結論から言えば、この裁判でネサンは 見事「無罪」を勝ち取ったのである。
 なぜネサンは裁判に勝つことができたのか。それは彼が法を犯すことなど何もしてなかったことのほか、すでに数千人のガンや難病患者たちを救っていたため に、ネサンに救われた元患者たちによる法廷での証言や支援がすごかったこともあった。ネサンに救われた人々は世界各地におり、その中には政府の高官や医 師、組織のトップ等々著名な人たちも数多くいた。また、裁判中にはカナダばかりかアメリカからもガンやエイズ患者たちの電話が殺到し、ネサンを応援し、成 功を祈り、裁判に助言をしてくれたりもした。この事実は、そのときの「ネサン裁判」がいかに大きな注目を集めていたかを物語っている。
終章「健康回帰の道しるべ」より転載

 私達がしなければならないことは何かはお分かりだと思います。

 正しいものを正しいと言える気持ちです。

 闇の力が人類の英知を潰そうとしたとき、決して騙されてはいけないのです。
タイトルとURLをコピーしました