枯渇しないエネルギーが流行らないのにはちゃんと訳があったのだ! まとめ

R水素ってなんだろう?
 
 フリーエネルギー等を調べていると、必ずこのR水素も検索にヒットしてきます。

 今日はR水素を調べていきたいと思います。

(ライターFT)

枯渇しないエネルギーが流行らないのにはちゃんと訳があったのだ!




 現在は化石燃料からエネルギーを取り出し、電気やガス等のエネルギーとして私達に提供されていますが、R水素エネルギーというのはリニューアブル(再生可能)という意味になります。地球上にある化石燃料を燃やさずに作り出せるエネルギーということになります。

 太陽光や地熱などを利用し、自然エネルギーを利用した水素燃料のことを言います。

 今までは化石燃料を燃やして水素を取り出していたのですが、化石燃料を使用せずに水素を作り出すエネルギーとなります。



 何がいいのかと言いますと、Rエネルギーは枯渇しないという訳なんです。

 枯渇するエネルギーは化石燃料、つまり石油やガス等の天然資源になります。

 バイオエネルギーと呼ばれている植物から取れるエネルギーについても、栽培し循環させるという意味では優秀なエネルギーと言えます。有名なのはトウモロコシからエネルギーを作り出すという技術なんですが、一つ問題が残ってしまいます。

 確かにトウモロコシを栽培すると、雇用が生まれます。そこに人が集まり経済の発展にも役立ちます。しかし一番の問題は株価の問題です。トウモロコシ生産をバイオエネルギーに使うとトウモロコシの株価が跳ね上がり、買い占めが巻き起こってしまいます。



 これではトウモロコシが本当に必要としている、昔ながらの企業や主食としている人達にトウモロコシが回らないという本末転倒虫状態となります。

 R水素は太陽光や地熱発電で水素を取り出します。

 化石燃料を原料に水素を取り出さなくてもいいし、トウモロコシ等を原料とするバイオエタノール燃料の原料の株価にも影響しません。

 何より公害を排出しないという大きな、いや大きすぎる利点があります。

 いいこと尽くめなのです。

 でも既得権益にすがりついている大バカものが世界を牛耳っています。

 この辺りのお話をしていきたいと思います。

無料で無限の「クリーンエネルギー」はいつ登場するのか?
 
 クリーンエネルギーはすでに太陽光を始め地熱発電、その他に多く存在します。

 クリーンエネルギーに転換しない理由というのは、化石燃料を既得権益とする企業やそれに群がる政治家やその関連の人達が政治を握っているからです。

(ライターFT)

枯渇しないエネルギーが流行らないのにはちゃんと訳があったのだ!2




 ネットの世界ではよくも悪くも正論があれば必ず反対意見があります。

 これは仕方ないこととしても、真実っていつも一つだけなんです。

 クリーンエネルギーに反対する人というのは、地球の事等は考えていない。目先の利益のみを追求している人とも言えます。実際に無尽蔵のエネルギーは地熱発電などすでに存在します。

• 公害を発生させないこと
• 再生可能なエネルギーであること
• 純国産のエネルギー資源であること
• 化石燃料のように枯渇の心配がないこと
• 季節の変化による影響を受けにくいこと

  メリットはこんな所。

  ではデメリットは?

• 温泉への影響・温泉地の景観への影響
• 国や地元行政からの支援が乏しいこと
• 発電所が少なく、地熱発電そのものの知名度が低い
• 候補地の多くが温泉地・または温泉地周辺であること
• 候補地の多くが国立公園や国定公園に指定されていること
• 地質調査や発電所建設作業など、実際に発電が始まるまでに長い時間がかかり、コストパフォーマンスが良くない
•  デメリットについては温暖化を理由に環境保全するのであれば間違いなく地熱発電がいい。

 いくらコストパフォーマンスが良くないと言っても、原発が事故を起こしたコストを比べれば屁でもないと思います。地質調査、発電所建設作業などは日立が世界に誇る地熱発電システムをすでに確立している。

 何より燃料を買わないで電気を作り出す事が出来るという点においては、日本ではこれ以上無い利点ではと思います。唯一の問題点としては温泉地、国立公園の景観ということが問題視されているそうです。

 このあたりのデメリットが非常に納得出来ないのは、私だけではないはずです。

地熱発電プラント
 

九州電力八丁原地熱発電所(写真:九州電力)
 地熱発電がどれほどの電力を生み出し、どれほど環境に優しいのかという数字は不明です。しかし単純に素人考えで自然に優しい発電ということは間違いない発電方法ではないのだろうか?

 世界3位の地熱資源大国 「温泉発電」で脱・宝の持ち腐れ   

 日本が原発に拘る理由の裏には、既得権益以外、考えられない。

 地熱発電に問題があるのなら太陽光発電でも構わない。原発よりはいい。

 福島の惨状を見ても変化しようとしないこの国の愚かさには飽きれるとしか言いようが無い。

 エネルギーが原発や石油に頼らなくなると、世界の経済はとんでもない事になってしまうのだろう。だからといって原発を進めていくというのはあまりにリスクが高いのではないだろうか?

 急にしなくてもいい。石油を売る国が経済的に困るのも問題だ。

 次は経済の問題について調べて行きたいと思います。

「再生可能エネルギー」ってなに?その種類と特徴をまとめました。
 
 水を燃料にすることを考えた科学者がいたのですが殺されてしまいました。完成した時に皆で乾杯した時に毒を盛られたそうです。

(ライターFT)

枯渇しないエネルギーが流行らないのにはちゃんと訳があったのだ!3


 スタンリーとスティーブンという双子の兄弟は水を使っては知る車を作り出した。

 しかし完成と同時にスタンリーは毒殺されてしまいます。



 この人が水をエネルギーにすることに成功したスタンリー•マイヤー氏

 3.785Lの水で160キロも走る事に成功した人物です。



 双子の弟であるスティーブ•マイヤーは殺されていません。

 でもこの水をエネルギーに変えて走る発明の特許を売る事も無く、この技術を世間に出す事も無く静かにどこかで暮らしているそうです。

闇の支配者に握りつぶされた世界を救う技術
 

 さて、水素エネルギー等の化石燃料以外のエネルギーが普及したら経済はどのようになるのでしょう?

 これは私達が生活する上でとても大事な事になると思います。すでに再生可能エネルギーをはじめ、輸入しなくて良いエネルギーを使う再生可能エネルギーも開発、ケシュ財団と呼ばれる謎の財団からフリーエネルギー装置まで発売されだしています。

 石油やガス等の時代からの転換期とも言える時なのかも知れません。



 ドイツ等は原子力発電を止めています。

 色々な問題があり、低所得者に負担が大きい、気候変動を防ぐ等に不十分等と言われています。でもドイツは転換しだしているという現実があります。

 異常な電気代高騰が特に問題となっている。

 しかしそれでも原子力を止めたことは正しい選択だったと言える。

スイスの気候変動対策、「野心的だが現実的な」計画案
 
 スイス以外にもデンマーク等では2050年までに化石燃料から脱却するという目標を掲げている。化石燃料が使用されないという事になると、いったい世界経済はどうなっていくのか?

(ライターFT)

枯渇しないエネルギーが流行らないのにはちゃんと訳があったのだ!4




 未来の事は誰にも分かりません。でもある程度の予測は可能かも知れない。

 今の流れから考えると、化石燃料を使わない国が増えていく国が増えるのは間違いないだろう。化石燃料を使い、利益を得ている政治家や、恩恵を受けている人達がこの国を牛耳っている以上、再生可能エネルギーは広まらない。

 例えばフリーエネルギーと呼ばれる信じられない技術をおおっぴらに宣伝してしまうと、化石燃料から恩恵を受けている誰かに消されてしまう可能性が高い。


※13歳の少年がフリーエネルギーを発明

 経済は人口の多い所で活性化する。

 アジアは人口はもちろん、今後ある程度の発展が望めるだろう。

 但し、日本は少子高齢化という現実が目の前にあり、経済という観点からは少し仲間はずれになる可能性が強い。しかし日本は技術でそれをカバーして行くのでしょう。生産性の向上を行うのでしょう。

 人間の欲というのは恐ろしいもので、この欲が全ての弊害を巻き起こしている。もちろん欲というのが無ければ、技術の進歩もないだろう。まさに諸刃の剣と言った所になる。



 30年後の未来、見た目的にはそんなに変化は無いかも知れない。

 しかし確実にテクノロジーは進化しており、ある程度の事はテクノロジーで解決出来ているのかも知れない。きっと無くなっていないのは既得権益に群がる欲深い人達だろう。

 再生可能エネルギーへのシフトは始まっている。ヨーロッパを中心にゆっくりしたペースで始まっている。30年後は原子力発電等も無くなる方向にあるのだろう。今とは格段に違う効率で再生エネルギーが進歩し、空気も奇麗になっているのかも知れない。

 心配されるのは枯渇しないエネルギーが使われないこと。

 誰が考えても、枯渇しないエネルギーを使う事で環境にも優しく、いいこと尽くめだのが、簡単にシフトは出来ないだろう。但しフリーエネルギー等の技術が存在するという事を誰もが知りだしている。

 2016年の段階では、まだみんな半信半疑な状態。

 これらが世間に広まるにつれ、世界も徐々に変化していくのだろう。



 盛者必衰

 現在、世界を牛耳っている人達にも、いつか衰えが来るはずです。

 そのときがエネルギーシフトのタイミングになるのでしょう。

 それまで私達は、空気のきれいな世界、温暖化ではない世界、誰もが争わず優しい世界を想像しておきたいですね。
タイトルとURLをコピーしました