枯渇しないエネルギーが流行らないのにはちゃんと訳があったのだ!3

「再生可能エネルギー」ってなに?その種類と特徴をまとめました。
 
 水を燃料にすることを考えた科学者がいたのですが殺されてしまいました。完成した時に皆で乾杯した時に毒を盛られたそうです。

(ライターFT)

枯渇しないエネルギーが流行らないのにはちゃんと訳があったのだ!3


 スタンリーとスティーブンという双子の兄弟は水を使っては知る車を作り出した。

 しかし完成と同時にスタンリーは毒殺されてしまいます。



 この人が水をエネルギーにすることに成功したスタンリー•マイヤー氏

 3.785Lの水で160キロも走る事に成功した人物です。



 双子の弟であるスティーブ•マイヤーは殺されていません。

 でもこの水をエネルギーに変えて走る発明の特許を売る事も無く、この技術を世間に出す事も無く静かにどこかで暮らしているそうです。

闇の支配者に握りつぶされた世界を救う技術
 

 さて、水素エネルギー等の化石燃料以外のエネルギーが普及したら経済はどのようになるのでしょう?

 これは私達が生活する上でとても大事な事になると思います。すでに再生可能エネルギーをはじめ、輸入しなくて良いエネルギーを使う再生可能エネルギーも開発、ケシュ財団と呼ばれる謎の財団からフリーエネルギー装置まで発売されだしています。

 石油やガス等の時代からの転換期とも言える時なのかも知れません。



 ドイツ等は原子力発電を止めています。

 色々な問題があり、低所得者に負担が大きい、気候変動を防ぐ等に不十分等と言われています。でもドイツは転換しだしているという現実があります。

 異常な電気代高騰が特に問題となっている。

 しかしそれでも原子力を止めたことは正しい選択だったと言える。
タイトルとURLをコピーしました