がんの本当の原因と体温を上げることでがんは進行しない2

健康のため大切なのは、理想的な体温。

 身体を温めることで免疫力を上げる。

(ライターFT)

がんの本当の原因と体温を上げることでがんは進行しない2




 身体を温めるといってもどんな方法があるのか?

 しかも身体の中から温めることで、ダイエット効果も上がるというから素晴らしい。内蔵から温めることで痩せやすい身体に変化していくということが医学的に証明されています。



 特に最近の若い人を中心に35℃台の低体温の人が増えているとか。

 内蔵を温めるとまず基礎代謝が上がそうです。

 体温が1℃上がると基礎代謝が12%上がると言われています。

 要するに運動しなくても、1日の消費カロリーが140キロカロリーも燃焼しちゃうということなんです。しかも身体を温めると肩こりや冷え性等も改善してしまいます。今まで冷え性で悩んでいた女性にはピッタリの健康法ですね。

 基礎代謝が上がるということは身体のすみずみまで栄養素がいきたわり、美容にも大きな効果が期待されます。



 内蔵を温める簡単な方法としては以下のような方法があります。

 温かいものを食べる、飲む、

 適度な運動、

 お腹のマッサージ、

 簡単ですね。

 実はこの方法、私は知らず知らずのうちにやってしまっていたのです。



 温かいものを飲むことだけはしていませんでしたが、朝の起き抜けに熱いコーヒーを一杯飲んでいました。これは夏場でもなんです。熱いコーヒーを飲むと、全身から汗が吹き出てきます。熱いのですが、目が覚めるので日常の習慣として毎日続けていました。

 一時は94キロという巨漢になっていましたが、現在は82キロをキープ、さらに体重を下げようとしているのですが、身体を温めることでさらに体重を落としてみたいと思います。

 今年の春先のお話です。



 いつもよりかなり鼻の調子が悪く、最悪の花粉症に陥っていました。完全に鼻が詰まり、口でしか息が出来ない程の状態でした。忙しくて耳鼻科にも行けなくて、近くの漢方を扱う薬局に症状を説明しました。

 するとまずは身体を温めることで、症状は改善するというのです。

 春先は寒暖差が激しく、寒暖差アレルギーの可能性もあるよ、と薬局のおばちゃんが教えてくれました。身体を冷やさないように常に温かいものを食べたり飲んだり、服装にも気をつけて身体を温めました。

 2日ほどしたら、完全に鼻づまりは解消していました。

 もちろん、漢方薬も飲んでましたけど。
タイトルとURLをコピーしました