ジョン•マクレーン刑事とマーティン•リッグス刑事

テレビ版『リーサル・ウェポン』リッグス刑事役が決定!

 とにかく口が悪いのは映画ダイハードシリーズのジョン•マクレーン刑事とリーサル•ウェポンのマーティン•リックス刑事。この映画、とても面白い。その魅力は両主人公の口の悪さともいえる。

(ライターFT)

ジョン•マクレーン刑事とマーティン•リッグス刑事




 マーティン•リッグスは自殺願望のある刑事。ベトナム戦争では特殊部隊にいたという過去を持ち、1作目の設定では3年前に愛妻を事故で亡くしている。ダイ•ハードとの大きな違いはマータフという相棒がいて、マーティン•リッグスの心の支えになっていく。

 シリーズ4作の中でも「リーサル•ウェポン3」が特に面白い。



 冒頭のシーンで、ビルの駐車場に仕掛けられた爆弾を爆弾処理班を待たずに解体しようとしビルを大爆発させてしまう。いきなり冒頭のシーンでビルを完全に破壊してしまった。殺人課なのにマーティン•リッグスがしゃしゃり出てしまう(笑

 マータフは止めるのですがマーティン•リッグスは聴きゃしません。

 結局、ビルは大爆発してしまうのですが、このときの二人の掛け合いが最高に面白い。「爆弾なんか無い」と言い張るマーティン•リッグス刑事、強引にビルに入る二人。殺人課の刑事なのに。



 とにかくこの二人の凸凹っぷりは最高に面白い。

 さて、映画ダイハードシリーズのジョン•マクレーン刑事はとにかく相手をディスりまくり、窮地に追い込まれると何も言えなくなる。この辺りはマーティン•リッグス刑事も同じですね。
タイトルとURLをコピーしました